FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ユーロ高円安進行

 ドル円は昼頃にドル高円安の動きが強まり、109円台後半に。その後、高値圏でのもみ合いを経て、さらに上値を試すなど、しっかりの展開となった。

 目立った新規材料は見られず、大口の買いなどが噂される展開。その後は、株高の動きなどが支える格好で高値圏を維持。米債利回りも上昇傾向でドル円を支えた。

 ユーロは朝から堅調。前週末は通商問題への懸念で値を落とす場面が見られたが、週明けは、木曜日の理事会への期待感もあり、買いが優勢となった。10時台に対ドルで1.18台を回復すると、その後は大台割れの場面も押し目は限定的で、高値圏もみ合い。

 ユーロドルでのユーロ買い、ドル円での円売りがともに優勢となる中で、ユーロ円は128円台から129円台後半まで上昇と、大きな上昇を見せている。

 週明け目立ったのはカナダの売り。週末のG7での対立、さらにはトランプ大統領による自動車関税示唆などが売りを誘った。自動車はカナダによって全輸出の14%台を占める主要輸出品。影響がかなり大きく出る可能性があり、週明けの早朝にパニック的に売りが出てドルカナダは1.30台を付けた。その後は調整が進み1.2960台まで戻している。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ