FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】調整が優勢、一時110円30銭台

 東京市場でドル円が110円30銭台を付けるなど、ドル高に対する調整の動きが強まった。

 前日の海外市場ではロンドン市場で111円台を付けた後、値を落とす展開に。大きな材料が出たわけではなく、ポジション調整の動きなどが優勢となった。

 その後東京朝を迎えてドル売り円買いが加速した。7時過ぎにトルコリラが急落。ドルリラが4.67近辺からすぐに4.82を付けるいわゆるフラッシュクラッシュ的なリラ売りが見られ、トルコリラ円も23円70銭近辺から23円割れに。その後値をある程度戻したがリラ安の流れは継続しており、新興国通貨市場への警戒感からリスク警戒の円買いを誘った。

 北朝鮮情勢もドル円の重石となった。NY市場で報じられたトランプ大統領の米朝首脳会談の実現に懐疑的な見方に対して、警戒感のドル売りが広がった。

 ユーロドルは1.17台後半でのもみ合い。NY市場でドル安から1.17台後半で堅調な動きとなり、朝方1.1790近辺まで上昇も、その後はリスク警戒の円買いが強まっており、ユーロ円でのユーロ売り円買いもあって若干頭の重い展開に。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ