FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ドル円振幅、後場はドル買い優勢に

 GW明けの東京市場、ドル円は109円を挟んだ振幅となった。
 朝方いったん109円20銭近辺まで上昇した後、日経平均の弱さもあってすぐに値を落とす展開。
 109円をしっかりと割り込み、108円76銭を付ける動きがみられた。
 その後、株が下げ止まったこともあり、108円90銭台まで戻してのもみ合いに。
 後場に入ると一転kしてしっかりの展開。株が買い戻されTOPIXがプラス圏、日経平均も下げ幅をほぼ解消する中で、ドル円は109円22銭と朝の高値をわずかに超える動き。その後は109円10銭台での推移。
 朝方の下げは円買いが主導も、後場はドル買いが優勢でユーロドルが1.1970台から1.1940台へ値を落とすなどの展開が見られた。
 目立った新規材料はなく、ロンドンが休場ということで海外勢の動きも落ち着いた中で、株式市場動向などをにらみながらの動きに。

minkabu PRESS編集部 山岡和雅

最新の為替市場レビュー

もっと見る

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ