FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】調整交えて円が全面高、米国と北朝鮮の舌戦激化がきっかけ

 東京外国為替市場で、ドル円は109.75近辺まで円高推移した。トランプ米大統領が北朝鮮の挑発外交を威嚇すると、北朝鮮はグアム攻撃を示唆して応戦するなど、両国間で舌戦が激化している。

 言い争いがエスカレートし、一線を越える可能性は低いものの、夏季休暇シーズンでクロス円のロングを調整する時期と重なったことから円高が勢いづいた。

 ユーロ円は128円後半、ポンド円は142円半ば、豪ドル円は86円前半、NZドル円は80円前半まで下げ幅を拡大。ただ、午後に入ると円高は落ち着いた。

 豪金融当局者が物価・景気見通しを交えて豪ドル高をけん制していることも豪ドルの重し。本日はケント豪中銀総裁補佐の発言が伝わっている。先週の豪中銀理事会の声明文に沿って、遠回しな通貨高けん制を続けるようだ。

 発表された中国消費者物価指数(CPI)や同生産者物価指数(PPI)は材料視されていない。明日のNZ中銀の政策金利発表を控えた思惑は限定的。ただ、先月後半にかけてNZドルが対ドルが年初来高値を更新したことから、通貨高けん制の強化を警戒する向きはある。

みんかぶ「KlugFX」東京

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp