FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ややドル安も値動きは限定的、本日も夏枯れ相場

 東京外国為替市場で、ドル円は110.54円付近まで弱含み。先週末の米雇用統計後の円安・ドル高水準を維持しているものの、ユーロドルが1.1824ドル付近まで戻りを試すなど、ドル売りがやや優勢だった。

 来月、米連邦準備理事会(FRB)はバランスシートの縮小を開始する見通しだが、物価動向は弱く、ドル売りに傾きやすい。週末の米消費者物価指数(CPI)が警戒される。トランプ政権のロシアゲート疑惑も引き続きドル円の重し。

 ただ、ドル円の値幅は30銭に満たず、夏季休暇シーズンで値動きは枯れている。

 ユーロ円は130.83円付近まで強含んだ後、伸び悩み。

 豪ドル/ドルは0.7940ドル付近、豪ドル円は87.85円付近までじり高。昨日から豪ドル買い・NZドル売りが続いていることが支援要因となった。ただ、人民元建ての中国貿易統計で、輸入の伸びが鈍化したことが重しとなり、豪ドルは対円・対ドルで伸び悩んでいる。

 NZドル円は81.32円付近へ軟化。今週、NZ中銀は過去最低水準で政策金利を据え置く見通し。今回がウィーラーNZ中銀総裁が担当する最後の声明文となる。

みんかぶ「KlugFX」東京

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp