FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ドル円はこう着、米雇用統計で米金融政策見通しは変わらず

 週明け7日の東京外国為替市場で、ドル円は110円後半でこう着した。値幅は30銭程度にとどまっている。先週末の米雇用統計で非農業部門雇用者数(NFP)は十分に拡大し、前月比で賃金は堅調な伸びをみせたが、来月の米バランスシートの縮小開始見通しや12月以降の米追加利上げ観測は変わらず。米雇用統計前後で米金融政策見通しは変化していない。夏季休暇シーズンであることも値動きを鈍らせた。

 ユーロドルは1.1800ドル付近までドル安推移。米雇用統計後のユーロ安・ドル高に反動が現れた。ユーロ円は130円半ばでしっかり。

 豪ドル/ドルは0.7948ドル付近、豪ドル円は88円ちょうど付近まで強含む場面があった。石炭や鉄鉱石に加えて、天然ガスの輸出が伸びており、豪州は資源国として変化を遂げつつある。

 NZドル/ドルは0.74ドルちょうど付近、NZドル円は81円後半で重かった。対豪ドルでのNZドル売りが重し。

みんかぶ「KlugFX」東京

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp