FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】ドル円は安値からやや買い戻し、豪ドル売りは継続

 19日の東京外国為替市場で、ドル円は108円台前半から少し値を戻す格好となった。

 前日の海外市場でメイ首相による総選挙実施発言からポンド買いドル売りが優勢となったことをきっかけにドルは全面安に。ドル円は108円30銭台を付けて東京朝を迎えた。

 東京市場では朝から利益確定の買い戻しが優勢となったが、豪ドル円の売りなどで再び108円台前半をトライするなど、午前中は戻りの重さも見らえた。

 午後に入ると、ドル高円安の動きが優勢に。円高進行で下げて始まった日経平均がプラスに転じたことなどが、ドル円のサポートに。

 その他目立ったのは豪ドルの売り。昨日発表された豪中銀理事会議事録で当面の低金利政策維持が示されたことが、豪ドルの重石に。
 最大の輸出品目である鉄鉱石の価格低下が続いていることなども、豪ドルの重石に。
 新規の材料が出たというよりも0.7550超えの買いが続かず、短期筋のポジションの整理が見られれて豪ドル売りに。いったん安値を付けた後の戻りも鈍く、午後に入って下げ幅を拡大した。

みんかぶ「KlugFX」山岡和雅

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp