FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【ロンドン市場】ユーロ相場が軟調、イースター控え次第に値動き鈍る

 13日のロンドン市場は、ユーロ売りが先行した。この日の欧州株が軟調に取引を開始しており、新たな進展がないままシリアなどの地政学リスクが継続している。ユーロドルは前日のトランプ大統領のドル高けん制発言で1.06ちょうど近辺から1.06台後半へと上昇し、きょうのロンドン早朝も1.0670近辺を中心とした水準で取引を開始。欧州株安とともに1.0630台まで反落している。その後の戻りは限定的。ユーロ円も116.50の手前まで買われたあとは、116円割れへと下押しされている。

 ポンド相場は、ユーロに連れ安。ポンドドルは1.2570近辺の高値水準から1.2535近辺へと小安い。ポンド円は136円台から一時137円台乗せも、その後は136円台後半へと押し戻されている。ドル円は序盤に109.24レベルまで買い戻しが入ったが、その後は109円を挟む水準での揉み合いに落ち着いている。

 豪ドルは、東京時間に買われたあと、高値圏を維持している。豪ドル/ドルは0.75台後半、豪ドル円は82円台後半。買いは一服も調整の動きは限定的。

 総じて、前日のトランプ発言を受けたドル売りは一服しているが、地政学リスクに改善がみられないことで円買いの圧力は根強い。また、あすから欧州を中心としてイースター休暇入りとなることから、積極的な売買は手控えられており、短期筋のポジション調整が入っているもよう。

みんかぶ「KlugFX」 松木秀明

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp