FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【東京市場】後半に入り上海株高でリスク選好

19日の東京市場は上下動後にリスク選好ムードになっている。

中国経済指標発表を前にして調整主体の値動きで始まり、仲値のドル不足も合わさりドル円は117円台後半まで値を上げた。発表された経済指標は比較的弱かったことから10銭程度値を落としたが材料出尽くしで買戻しが入るも上値追いは続かず、11時半過ぎに117.23近辺と本日安値を付けた。午後に入り、上海株高もあり上昇、14時30分過ぎに117.83近辺まで上値を伸ばしている。弱い中国経済指標を受けて刺激策期待が出ているようだ。
米株先は一段高、米債は売られ利回りは上昇、NY原油先物は29ドル台半ばまで戻している。

2015年通年の中国GDPは6.9%と市場予想と一致、政府が目標に掲げた7%前後を小幅下回った。伸び率は1990年以来の低水準。また、10-12月期GDPや12月の鉱工業生産、固定資産投資などは予想を下回った。発表を受けて豪ドル売りや株売りで反応、豪ドルは一時本日安値を更新した。ただし、下げ止まると上海株が上昇に転じるなか、豪ドルは午後に入り本日高値を更新している。
中国の李首相は昨日の講演で、国内経済には下振れ圧力がますます強まっているとの認識を示していた。15年のGDPは6.9%と14年の7.3%から鈍化、今年は6.5%の成長が見込まれている。

klugアナリスト 鈴木信秀

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp