FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【ロンドン市場】リスク回避の巻き戻し

11日のロンドン市場はリスク回避の巻き戻しで円売りとユーロ売りが優勢だった。

先週金曜日のNY市場後半で中国懸念が嫌気された米株安とともに円とユーロが買われ、週明けは東京市場が休みのアジア時間に一段高で始まった。ドル円は117円を下抜けると一気に116.70近辺まで下落、昨年8月24日以来の安値を付けた。ポンド円は2014年10月以来、豪ドル円と加ドル円は2012年以来の安値を付けている。一方、ユーロには買いが入った。
ただし、流れが一巡するとすぐに巻き戻しの動きとなり、流れは欧州時間まで続きドル円は117.92近辺まで反発、安値から1円以上の上昇となった。ユーロは値を落とし、ポンドや加ドルなどは買われた。上海株は5%超の下落で終了、アジア株全般に下落したが、欧州株は小安く始まったあとに反発に転じており、投資家心理の改善につながっている。東京市場が休みで欧州時間も特に予定材料はなく、様子見ムードがあるなかで市場は薄い。

klugアナリスト 鈴木信秀

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp