FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

【NY市場】ドル円は一時120.00付近まで下落 米製造業のセンチメントの弱さ改めて確認

きょうのNY市場、全体的には年末で市場参加者も少なく様子見の中、ドル円は一時120.00付近まで下落した。ここ数日、120円台前半が強いサポートとなっていたが、薄商いの中でブレイクした格好。

この日発表のシカゴPMIが09年9月以来の低水準に落ち込み、米製造業センチメントの弱さを改めて示す内容であったことがドル円を押し下げた。

ドル高や資源関連の不調、そして、中国をはじめとした新興国経済への不安が米製造業のセンチメントを圧迫しているものと見られる。来年の米経済に対しての過度な楽観視は禁物で、期待ほどの利上げはできないのではとのリスクも市場は感じ始めているのかもしれない。

ドル円の119円台のサポートとしては、フィボナッチ50%戻しが119.80付近が意識される。

一方でユーロドルも売りに押され、1.08台半ばに下落。ロンドン・フィキシングにかけて売りが強まった。特段の売り材料はなく、市場参加者が少ない中で、まとまった売りが押し下げたものと見られる。

ユーロに関してはECB理事会以降、リバウンドの流れが続いているが、ECBとFRBとの金融政策格差拡大への見方は根強く、上値での売り推奨も多い。

一方で、FRBが期待ほどの利上げを実施できないのではとの不透明感もあり、短期的にはユーロ売りが一方的に強まる地合いにはなっていない。この先の行方を見極める段階にあるようだ。

(Klugシニアアナリスト 野沢卓美)

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp