FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【ロンドン市場】スイス中銀梯子外して市場混乱 ユーロ急落

15日のロンドン市場はスイス中銀の突然の政策変更を受けてリスク回避色が強まった。ユーロは売られ円買いが入り、米金利は低下、金価格は上昇した。ドル円は116.29近辺まで下落、ユーロドルは一時1.5%急落して1.1580近辺と2003年11月以来の安値を付け、ユーロ円は135.77近辺と10月23日以来の安値を付けた。大阪取引所夜間に入った日経平均先物は一時日中比400円超安となり。欧州株は上下動と不安定な値動きとなった。スイス株は10%超の下落となっている。
早朝は米金利やアジア・日本株の上昇を受けてドル円は117.94近辺を付ける場面もあった。ユーロドルはスイス中銀の発表前は1.1750前後で推移していたが一気に急落、その後同レベルに一時戻すなど乱高下した。

スイス中銀は唐突にスイスフランの上限策撤廃を発表した。先日、ダンシン副総裁は同政策は主要な政策手段と述べていたこともありサプライズ感は強かった。2011年にフランの上限を1ユーロ=1.20フランとするために無制限の外貨買いを行うと決定、随時介入を行っていたが、フランの過大評価は是正されたとしている。ただし、来週22日にECB理事会は追加緩和を決定する見通しが強まっており、ユーロ売り/フラン買いの流れは止められないとの見解に達した可能性は大きい。必要ならば為替市場に対して対策をとると念は押している。一方、マイナス金利として、22日から適用となる市中銀行が預ける中銀預金の過剰分に対する手数料を、当初予定の0.25%から0.75%に変更、LIBOR3ヶ月物の誘導目標を-0.75~0.25%から-1.25~-0.25%に引き下げた。
発表を受けてユーロスイスは1.20近辺から一気に0.8517近辺と約30%の下落となり、ドルスイスは1.02近辺から0.7406近辺まで値が飛んだ。フランは流動性に乏しく値動きは激しかった。フランのLIBOR3ヶ月物は過去最低となる-0.372%を付けた。

スイス中銀のジョーダン総裁は会見で、フランの上限策を終えるのに適した時期だったとする一方、金融状況に影響を及ぼすため必要に応じて為替市場で積極的な行動をとると述べた。また、金利を引き下げたことでフラン上限撤廃の影響を緩和しているとした。上限策撤廃は慌てて採ったわけではないが市場にとってはサプライズだったとし、市場の反応を過剰だと述べている。、

klugアナリスト 鈴木信秀

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ