FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

株安などリスク警戒の動きで円高に

※忙しい人のサマリー
株安などリスク警戒の動きで円高に

ポンドは軟調、英議会紛糾でEU離脱協定否決見通し強まる
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】株安・債券利回り低下がドル安誘う

 日経平均が538円安と大きく値を落とす展開に。中国本土株、香港、シンガポール、豪州などのアジア・オセアニアの株式市場も軒並みのマイナス圏で推移に。米株先物も値を落とすなど、株安の動きが世界的に広がる中で、ドル円は頭の重い展開に。
 米債利回りの低下も目立ち、ベンチマークとなる10年債利回りは3か月ぶりの安値圏となり、ドルはほぼ全面安に。
 人民元買いの動きが優勢となる中で、南アランドなど新興国通貨は対ドルで買いが入る展開に。豪ドルなども対米ドルで買われた。
 ドル安が主導となっており、クロス円は対ドルでの各通貨の買いと、円買いの動きに相殺されてもみ合いに。

【ロンドン市場】序盤にドル安基調強まる。ポンドは対ドル、対円でしっかり

 東京市場から頭の重かったドル円は、東京市場で下値を支えた113円手前の買いをこなし、大台を割り込んで売りが強まる展開となった。
 米債利回りの低下が目立っており、ドル全面安を誘った。ドル売り人民元買いから派生したドル安進行国通貨高の流れも、ドル全面安基調に寄与した。
 ドル円は112円70銭台まで値を落とす展開に。

 カーニー英中銀総裁の議会証言が注目されたポンドは、議会証言前から対ドルでの買いが目立った。ドル全面安基調が朝からのポンド高ドル安に寄与。また、カーニー総裁が最悪シナリオの可能性低いと発言したことなどもポンドの買いに寄与したとみられる。ポンド円も144円割れから144円台後半に上昇するなど、買い戻しが優勢に。
 
 ドル全面安基調を受けてユーロドルは一時1.1418近辺までユーロ買いドル売りも、大台を維持できず。

【NY市場】リスク回避ムード

 5日が休場となることもあり、ポジション調整の動きがから株安が優勢に。
リスク警戒の動きが再燃する形で、動きが大きくなり、ダウは値を崩した。
クドローNEC委員長が自動車関税引き下げまだ合意成立していないとの発言も警戒感。
もっとも、その後合意に近づいていて問題はないともしている。

 ドル円は113円近くまでの買いもどしも株が崩れ再びドル安円高に。
一時112円60銭近辺まで。


【本日の見通し】警戒感強まる展開に

 ドル円は112円台後半での推移。
日経平均の大幅安の後、中国株や香港株が引けにかけて値を戻したことで
一服感が出るかと期待されたが、
米株が結局大きく崩れる格好となり
リスク警戒の動きが強まる格好に。

 今日はブッシュ元大統領(父の方)の死去に伴う休日で
NY市場が休場となることもあり、
参加者が減る分、株安の動きもやや落ち着くと期待される。
ただ、昨日のアジア市場では日経を除くと下げはそれほど大きなものではなかっただけに
株安の流れが継続か。

【本日の戦略】戻り売り

 基調は戻り売り
NY市場が休場だけに無理はしたくないところ。
113円近辺が重くなるともう一段の売りも。
 

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ