FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

株安がリスク警戒誘う、ブレグジット関連も重石

※忙しい人のサマリー
株安がリスク警戒誘う、ブレグジット関連も重石

米株は下げ続きダウは4日連続での下げに

英メイ首相、EU離脱草案閣議で合意。
閣議が長引き、市場は神経質に乱高下
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】ドル円は113円台後半推移

ドル円は113円台後半での推移が続いた。

 朝方はドル高円安の動きが広がった。前日の海外市場で株安の動きもあって113円台後半へ値を落としたドル円は、トランプ政権が当面自動車への追加関税を保留するとの報道を好感して、ドル高が進行。前日のNY株式市場のダウが100ドル超の下げとなるさえない展開を受けても、上昇して始まった後に、上値を伸ばした株式市場動向も支えとなり、ドル円は一時113円99選を付ける動きに。

 しかし、中国株式市場がさえない動きとなったこともあり、東京株式市場も反転して売りが強まり、前場引けがマイナスとなる中で、ドル円も上値から少し調整に。
 
 もっとも、後場に入って日経が再びプラス圏推移となるなど、株安の動きも続くものではなく、ドル円ももみ合いが続く展開となった。

 大詰めのブレグジット交渉をめぐって不安定な展開が続くポンドは、朝方英紙がラーブ離脱担当相らがメイ首相の草案に結局は合意見込みとの報道を受けてポンド買いが強まったが、上昇一服後はじりじりと値を落とし、1.3030台の高値から1.29台後半へ。

【ロンドン市場】ポンド主導、ブレグジット交渉大付け

 ブレグジット交渉での閣内合意を目指した閣議が行われる中で、神経質な展開に。
ユーロもイタリアの予算問題が警戒感を誘う展開。
イタリアは修正予算案を火曜日に提示したが、前回との差異がほとんどないとみられ、EUとの摩擦が避けられないとの見通しが広がっている。

 ドル円はこうした欧州市場動向を受けて警戒感が広がり、113円台後半でのもみ合いが続いた。


【NY市場】英閣議巡り乱高下

 英閣議をにらんでの乱高下が続いた。
当初は合意予定を意識してポンドはしっかりの展開。
その後、予定時間を過ぎても終わらない状況に、英BBCによる明日にも不信任投票を要請の可能性とのツイートに、ポンドが急落する場面が見られた。
しかし、そのすぐ後に閣議が終了し、閣内合意が得られたことが報じられ、一気に買い戻しが入るという展開に。

 こうした状況はリスク警戒を誘い、ドル円は頭の重い展開。
米株の下げ基調も売りを誘い頭の重い展開に。

【本日の見通し】リスク警戒継続

 調整の動きが広がっている。
米株の下げ基調が続いていることが背景にみられる。
ねじれ議会の影響も出てきているとみられ、ドル円、クロス円での円高が継続する可能性も。
ポンドはEU離脱に向けた草案について閣内合意を得られたが、まだすこし紆余曲折がありそう。
 
 ドル円は当面こうしたリスク警戒の動きを意識した展開に。
押し目では買い意欲も、114円からの重さが意識されており、113円台でのレンジ取引が基本か。

【本日の戦略】押し目買い

 押し目をきちんと拾いたい。
113円台前半での買い待ち。
114円近辺が重く、高値での買いはできるだけ避けたい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ