FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米指標など受けてドル高加速

※忙しい人のサマリー
米指標など受けてドル高加速

明日の雇用統計を前に期待感広がる

イタリアの予算問題、2019年以降の赤字削減方針で一時ユーロ買いも続かず
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】ユーロ買い

 直近の懸念材料であるイタリア予算案に関して、イタリア紙コリエレが2021年に財政赤字の対GDP比を2.0%に引き下げる方針と報じ、一気にユーロ買いが進む場面が見られた。ユーロドルは1.1540近辺から1.1590台まで上昇。ドル円が113円60銭近辺から113円80銭台に乗せるなど、リスク警戒感の後退も見られた。

 もっとも、午後に入ると動きが一服。イタリア紙レプブリカが2020年についても2.2%に引き下げと報じたが、反応は鈍かった。
 下げ幅を前場引けにかけて急速に縮めた日経平均が後場に下げて始まり、さらに下げ幅を広げる中でリスク警戒の動きも。
ドル円は結局113円台後半のレンジ取引、ユーロドルも1.1570台を中心とした取引に。

【ロンドン市場】ユーロなど反落

 序盤は東京市場の流れを継続し、ユーロ高やそれにつれたポンド高が継続。
メイ英首相の保守党党大会での演説を前に、ポンドが上げ幅拡大も
ユーロが高値圏の売りに頭を抑えられると、その後反落に。
 注目のメイ首相演説では
合意なきEU離脱を恐れないと開口一番で述べる格好に。

 ドル円は113円台後半でのもみ合いが続いた。

【NY市場】ドル高進行

 米ADP雇用指数の予想を大きく超えた好結果にドル買いが広がると、
その後のISM非製造業が前回からの鈍化見込みに反して97年8月以来の21年ぶりの好結果となり
一気にドル買いが強まった。
内訳も過去最高の62.4となった雇用指数の強さが全体を支えるものとなり、
ADPと合わせて明日の雇用統計への期待が広がり
ドル買いが強まる格好に。

 パウエル議長の景気拡大はかなりの期間継続などの前向き発言も
ドル買いの流れを支え、
ドル円は夕方に114円50銭台に乗せる動き、ユーロドルが1.14台へ値を落とすなど
ドルは全面高基調が強まった。


【本日の見通し】ドル高基調継続

 明日の雇用統計を前にドル高基調が強まっている。
米指標が相当に強く、雇用統計への期待感が広がる展開に。
イタリアの予算問題、英国の離脱なき合意などの警戒感がくすぶることも
欧州通貨売りドル買いを誘いドルの全面高に。

 米金利状況から新興国通貨売りドル買いの動きも継続。

 高値警戒感がある中、イベント前に突っ込んだ買いには慎重も
流れはまだ上方向。
 114円台半ばを中心にしっかりとしたレンジ取引か。


【本日の戦略】上値追いには慎重も

 雇用統計を明日に控えて上値追いには慎重に行きたいところだが
下がったところでは買いが出る流れ。
押し目を丁寧に拾いたい。
もっとも買い遅れが目立っており、押し目は限定的になる可能性も。
デイトレは早めに買いに回るパターンで、だめならすぐに止める。
スウィングは少し待って114円ちょうどに近いところでなるべく拾いたい。
113円台半ば割れがストップポイントも、少し遠い。
少量買い下がりか113.90割れでストップか。
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ