FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

雇用統計好結果、トランプ大統領は通商問題で日本に言及

※忙しい人のサマリー
雇用統計好結果、トランプ大統領は通商問題で日本に言及

大統領中国向け2000億ドル規模追加関税の早期発動と追加での2670億ドル規模に言及
さらに日本に対する新しい合意の必要性に言及
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】朝方に下げるも限定的

 ドル円は朝方の下げが一服し、値を戻す展開となった。
 NY市場で、米紙WSJのコラムニストが大統領との電話で次の貿易交渉の対象として日本を上げたことが材料となり円高が進んだ流れを受けて、朝方は円買いが優勢に。
 ドル円は110円30銭台まで頭を抑える展開が見られた。
 もっとも下げが一服し110円台半ばを回復してからは堅調地合いが継続。
 夜の米雇用統計などを控えてもみ合いが続いた。
 ユーロドルは1.16台前半の17ピッピスレンジ。
 クロス円はドル円同様に朝方の円高トライの後、いったん値を戻してもみ合った。
 日経平均が一時300円超の下げが見られたことでリスク警戒の動きに。
 上海総合指数が一時マイナスに転じたことなども売りを誘った。
 もっとも、その後日経平均は200円弱へ下げ幅を縮め、中国株もプラス圏回復でリスク警戒の動きも限定的に。


【ロンドン市場】バルニエ発言でポンド買い

 バルニエEU首席交渉官がブレグジット交渉においてアイルランドの対応について
柔軟な発言を行ったことでポンド買いの動きに。

 1.29台半ばから1.3028近辺までの急騰、ポンド円も143円台から144円40銭台へ。

 ポンド円の上昇もあってドル円はしっかり。ユーロ円なども買いが入る展開に。

 ドル円は110円台半ばから110円80銭台へ。

【NY市場】ドル買い強まる

 米雇用統計が強めに出たことで、ドル買いの動きが広がる展開となった。

 トランプ大統領が2000億ドル規模の追加関税発動に続いて2670億ドル規模の追加関税発動について言及したことで、ドル買いが広がる展開伊。

 日本についても、米国と新たな合意ができなければ大問題になる。それは日本も認識していると発言している。

 ドル円は110円台後半のもみ合いから111円台に。
トランプ発言で110円70銭台まで落としたものの、その後111円台を回復して、ちょうど近辺で週の取引を終えた。

 ポンドはロンドン市場でいったん大きく上昇も、ドル買いの流れでポンド売りドル買いが強まり、結局往って来いに。

【本日の見通し】ファンダメンタルズのドル買いと通商摩擦の円買い

 米雇用統計の強さにもみられる米経済の力強さがドル買いの流れを誘ったものの、ドル買いの動きは限定的なものにとどまっている。

 通商摩擦問題が重石となっている形。
中国向けの対応がひと段落つきつつ借る中で、ターゲットとして日本への言及が出てきており警戒感を誘う展開に。

 ドル円は110円台半ばから111円台半ばをコアにしたレンジ取引が当面続く見込みも、どちら方向にも超えて行ける流れ。

 通商摩擦問題がより強まるようだと、下方向のリスクが広がりそう。

【本日の戦略】レンジ取引

 次の方向性が難しい。
NAFTA再昇降についてカナダと追加関税発動について中国とやりあっている米国。
ともにそろそろまとまってくる可能性があり、その時に次のターゲットとして日本に集中してくると円高が広がる可能性を否定できない。
ただ、現時点では下値はしっかり。米ファンダメンタルズの力強さからも下がったところは買いたい。
デイトレはレンジを意識し110円台での買い、111円台での売りが基本か。
スウィングは110円台半ば近くでの買いを待ってみたいところ。
110円の大台をしっかり割れるとストップもそれまでは少額で買い下がりも。


※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ