FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

首脳会談後円安進行も、上値では売り意欲

※忙しい人のサマリー
首脳会談後円安進行も、上値では売り意欲

ユーロドルに調整売り、1.24台の重さを嫌気

【東京市場】首脳会談終了でリスク警戒後退

19日の東京市場、ドル円は日米首脳会談を終えて、円安が広がった。
 日米首脳会談では、自由で公正な貿易を目指す新たな協議を発足させるなど、両国の協力体制がアピールされた。北朝鮮問題での協力体制も示され、まずまずの結果に。市場では両国の通商問題での対立が強調されると円高進行もあり得るとの懸念が広がっていただけに、共同会見後は安心感から円安が広がる展開となった。
 ドル円は107円20銭台から107円30銭台に急上昇。その後も上昇が続き、午前中に107円50銭を超える場面が見られた。高値からは少し調整も107円40銭ばさみでの動きが続くなど、高値圏での推移が続いた。
 リスク要因が一服したことで、従来の米景気の好調さへの期待感や、米朝首脳会談の実施が示されたことで、来週の南北首脳会談を前に期待感が広がる市場で、北朝鮮有事リスクの更なる後退が見られ、円売りが強まった面も。
 クロス円も軒並みの円安でユーロ円は133円台を回復している。

【ロンドン市場】円安継続も小動き

 もみ合いが続く展開。ドル円は107円台前半推移が続いた。
その他主要通貨も小動きで方向感に欠けた。
【NY市場】小動き

 107円50銭近くまでの上昇も、そこからが続かず、もみ合いが続いている。
もっとも下値もしっかりという印象。

 クロス円全般も基本は同じ。
一時133円台回復のユーロ円は調整が入り132.60近辺まで。
ユーロドル自体の調整が重石に。
1.24の重さが嫌気された。
 

【本日の見通し】週末を前にレンジ取引

 週末を前にしたレンジ取引が見込まれる。
基調はしっかりで期待は依然上方向も
107円台半ばから108円にかけてが重く、
頭を抑えられる展開に。
同水準での推移が続くと、
週末越えのポジションを嫌った調整が少し入る可能性も。

 クロス円も基本はしっかり、ユーロ円に少し調整が入ったが
あくまでポジション調整の流れに見える。


【本日の戦略】押し目買い

 週末を前に突っ込んだ買いは避けたい。
上方向の期待が継続も無理をせず待って買いたいところ。
107円台半ばトライの勢い次第では少し打診買いも。

 デイトレは少し柔軟に。上トライの勢いを見極めながらの展開。
買いからが基本も、108円手前の売りもうまく位階したいところで
レンジ内での回転が基本。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ