FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米株安がリスク警戒誘う

※忙しい人のサマリー
米株安がリスク警戒誘う

FAANG株売りが継続、アマゾンへのプレッシャーが重石に

【東京市場】取引閑散でレンジ取引

 週明けの東京市場は、欧州市場がイースターマンデーで休場ということもあり、落ち着いた取引となった。アジア市場でも香港・豪州などが休場となっており、取引参加者が極端に少ない中で、様子見ムードが広がっている。
 
 ドル円は106円台前半での揉み合い。オセアニア市場では若干頭の重い推移も、東京勢が本格参加してきていったん106円41銭まで上昇。106円台半ばからの売りもあって、その後106円19銭と今日の安値を付けたものの、下方向への動きも限定的で、その後はもみ合いに。

【ロンドン市場】休場

【NY市場】ハイテク株売りがリスク警戒へ

 以前から売りが出ていたフェイスブックやエヌヴィディアに続き
先週からトランプ政権からの批判が続くアマゾンに売りが強まっており
その流れがイースター明けも継続。
ネットフリックスなども安く、FAANG株売りが全体を押し下げる形で
米株が急落。
 
 ドル円は一時105.65近辺まで売り込まれる展開に。

【本日の見通し】リスク警戒続く

 105円台半ばからは買い意欲が継続も、
リスク警戒から、ドル円の戻りは売りが出る流れ。

 収まると期待された株安が継続どころか加速しており
警戒感ムードが強まっている。
ハイテク株売りは日本株へも影響が大きく
リスク回避の円買いが強まる格好に。

 ドル円は106円台での売りを意識する格好となりそう。

 もっとも、ISM製造業を受けてのドル買いが
下値を支える可能性も。
 
 ISM製造業景気指数は予想を下回ったものの
仕入価格が2011年4月以来の高水準となり、
物価上昇への期待が強まる形で、ドル買いを誘った。
米インフレ期待の強まりによるドルの買い意欲が
下値を支えてくると、ドル円の105円台半ばからはしっかりとなる可能性も。
 
【本日の戦略】戻り売り

 実需の売りが新年度に入ってどこまで出てくるか
ドル円の106円台で売りが出てくる可能性が高そうで
頭が重くなるようだと
いったん早めに売りに回る手も。

 107円ストップの意識でゆっくりと売り上がりたいところ。

 デイトレも売りからが基本となりそう。7:54 2018/04/03

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ