FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

米通商問題懸念、ティラーソン解任などでドル売り

※忙しい人のサマリー
米通商問題懸念、ティラーソン解任などでドル売り

米CPIは予想通りで動き限定的

トランプ大統領との対立が噂のティラーソン国務長官が解任
ポンペオCIA長官が国務長官に就任

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】午後に入り株の上昇受けて円安

 ドル円は106円台前半から一時106円80銭台まで上昇するなど、午後にかけてドル高円安の動きが強まった。
 今晩の米消費者物価指数を前に、朝方は様子見ムードが強い展開で、106円台前半でのもみ合いが続いた。前日の米株安もあって日経平均が軟調な推移となり、ドル円、クロス円の重石となった面も。
 しかし、後場に入って株が持ち直すと、ドル円もしっかりの展開に。
 目立った材料はなく、ポジション調整主体の中でのドル買い円売りという流れ。

【ロンドン市場】円安強まり107円台に

 東京午後の流れが継続し円安が優勢に。
ドル円は107円台を回復する流れとなった。
先週末雇用統計後の高値107.05を超えるとストップを巻き込んで
107.28近辺まで。

 この後の米消費者物価指数(CPI)の好結果期待などがドルを押し上げ
レーンECB理事が、現在のユーロ相場の水準について心配していない、と発言し
ユーロ円の買いを誘った面も。

【NY市場】CPIは予想通りも、ティラーソン国務長官解任などが重石に

 トランプ政権の状況がドル売りを誘った。
注目のCPIは予想通りの結果で市場の反応は限定的。

 そうした中、午後になってトランプ大統領がティラーソン国務長官の解任を発表。
また、中国に対する大規模な関税と厳しい投資制限を望む姿勢を閣僚に伝えたと報じられ
ドル売り株安が広がる展開となった。

 ライトハイザーUSTR代表は、
年間300億ドル相当の中国からの輸入に賦課する関税案を提示しているが、
大統領はそれ以上を望んでいると報じられている。

 ドル円はロンドン市場での107円台から106円台前半まで下落。
ドル全面安で、ユーロドルが1.24台を回復するなどの動きに。

【本日の見通し】通商問題警戒続く、下値リスクを警戒

 ティラーソン国務長官の解任、
対中国への厳しい対応姿勢などが
ドル安を誘う展開となっている。
リスク警戒感から今日の東京・アジア株式市場の軟調地合いも警戒されており
ドル円は下方向の圧力がかかりそう。

 全人代の最中の中国の反応は鈍いが、
この後の対立激化が懸念される中で、ドル円の戻りは鈍くなりそう。
会計年度前に高値での売りを待っていた実需筋の見切り売りなどが出ると
もう一段の下げが強まる可能性も。

 下値リスクを強く意識する展開となりそう。

【本日の戦略】戻り売り

 通商問題警戒で下値リスクも
106円台前半までいったん値を落としており
突っ込んだ売りも避けたいところ。
106円台後半での戻り売りを意識。
107円台をいったん回復してからの落としに
107円近辺が重くなる可能性が高く
106円台後半が売りのゾーンという意識。

 デイトレも売りからの回転、
少し早めに売りに回りたい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ