FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

議会証言を受けてドル買い強まる

※忙しい人のサマリー
議会証言を受けてドル買い強まる

経済見通し強気、利上げ見通しがやや強まり、ドル買いに

ドル円は一時107円65銭近辺も、上値では売り意欲
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--
【東京市場】議会証言待ちで方向感出ず

 ドル円はある程度の振幅が見られるものの、目立った方向感は見られず、今晩のパウエルFRB議長の議会証言待ちの展開となった。

 106円90銭近辺で迎えた朝の市場で、ドルの買い戻しがやや強まり、NY市場での高値を超え107.10近辺を付けたものの、ドル高シンクはそこまで。利益確定の売りなどに106.79円まで下げ、その後は106円90銭台を中心としたもみあいに。

 今晩の議会証言を前に、上下とも突っ込んだ動きへの警戒感が目立ち、大きな動きにつながらず。

 ユーロドルは1.23台前半での推移。昨日のNY市場で1.22台まで値を落としたあと、1.23台を回復し、その後はやや堅調な地合いに。もっとも、昨日ロンドン市場の高値にも届いておらず、値動きは限定的。

【ロンドン市場】証言待ち

 議会証言を控えて様子見ムードが広がる展開に。
 
 ドル円は107円ばさみでの動き。朝方東京市場の高値を超えて107.11を付けたものの、そこまで。

 【NY市場】議会証言を受けてドル買い

 パウエルFRB議長の議会証言を受けてドル買いの動きが強まった。

 本証言中にさらなる漸進的な利上げを想定と表現し、ドル買いの動きに。
さらに質疑応答の中で経済見通しは強まっていると発言し、
市場の今後の利上げへの期待感を誘った。

 金利市場動向での年内利上げ見通しは
依然3回が大勢も、証言を受けて4回の見通し割合が増えてきている。

 ドル円は一気に107.65近辺まで
107円台半ばからは売り意欲も見られ
すぐに値を戻したものの
107円台前半でのしっかりとした動きに。

 ユーロドルも1.22台前半までとドル高が優勢に。

【本日の見通し】ドルはしっかり

 議会証言を受けて、ドルはしっかり。
今後の緩やかな利上げ路線継続も、
経済見通し引き上げで、4回の可能性がしっかりと出てきており
中長期的にドルを支える材料となりそう。

 107円台での推移が基本も、上値を再び試す流れが期待されるところ。
107円台半ばからは実需売りの動きもうわさされるところで
思った以上に重くなり、107円をしっかり割り込むと
ドルの買い戻し期待が一服する可能性も。

 ユーロドルなどでもドル高基調継続。
1.2200割れがみられると一気に加速する可能性も。


【本日の戦略】レンジ見極め買いに回る

 107.50からの売り、ユーロドルの1.2220近辺での買いと
ドル高を抑える動きがみられるだけに
突っ込んだ買いではなく、レンジを見極めての買いに回りたいところ。

 ドル円は107円台維持で短期的な買い基調継続
ちょうど手前で買いにいったん回りたい。
デイトレはもっと早めに買いに回るも
無理は禁物。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ