FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル安やや優勢に

※忙しい人のサマリー
ドル安やや優勢に

ポンドは大きく振幅、ブレグジット問題で神経質に
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】ドル高やや優勢

 ドル円は107円台を一時回復するなど、ドル買い円売りがやや優勢となった。

 前日のNY市場で米債利回りの低下などをきっかけに107円台から106円60銭近辺まで値を落として迎えた東京市場。午前中に107円を瞬間付けるところまで上昇。その後の押し目も限定的で、後場に入って再び107円台を付けるなど、堅調な地合いが続いている。

 もっとも週末前と合って107円台でしっかり買う流れにもならず、値幅は限定的。

 ユーロドルが1.23を一時割り込むなど、ドルはほぼ全面高も、落ち着いた展開に。

 この後NY市場で発表されるFRBの半期金融報告が注目されており、突っ込んだ動きには慎重な姿勢が見られる。

【ロンドン市場】ポンド激しく振幅

 ポンドが激しく振幅下。

 朝方はドル売りが優勢。米債利回りの低下に
ユーロドル、ポンドドルなどでドル売りが目立つ展開で、
ポンドドルは1.40手前まで上昇。
しかし、保守党下院議員が
EU離脱後の関税同盟についてのあらゆる道は閉ざされると発言し
一気にポンド売りが進行。
1.3905近辺まで下がった後、
一転して反転。
メイ英首相がEU離脱方針の大枠について3月2日に演説を行うとの報道がきっかけで
朝方付けきれなかった1.4000近辺を付けるなどの
高値を更新する展開に。

 ドル円は東京市場午後の流れをうけて107円台を付けた後
ドル全面安に106円台。

【NY市場】一時106円台半ばへ

 ドル円は一時106円台半ばまで下落。
米債利回りの低下が目立つ中でのドル売りとなった。

 週末を前に午後には安値から値を戻し106円台後半で終了。

 ドル安というよりも、円高の動きが優勢となり
クロス円は軒並みの安値。
 ユーロ円が130円台を付けたほか、
豪ドル円も昨年6月以来の安値圏に。

 金融政策方向への反応は鈍い。 

【本日の見通し】明日の議会証言にらむ

 明日のパウエルFRB議長の議会証言待ちの流れとなりそう
若干頭の重さが目立っており、
ドル円は106円台を中心にした流れとなりそう。

 議会証言ではイエレン前議長路線の継承が見込まれているが
利上げについては12月時点よりも強気な発言が出てくる可能性があり
注意がかなり必要。
 
 逆に慎重姿勢が目立つとドル売りが強まるだけに、
証言内容及び質疑応答結果次第の面が大きいだけに
今日に関しては上下とも動きにくい。

【本日の戦略】戻り売り

 やや頭が重いだけに
流れ的には戻り売りか

 とはいえ、下を突っ込む可能性がそれほど高いわけではなく
レンジを決めての回転を意識。
 デイトレも売りからで107円台での売りを意識したい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ