FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

米債利回り低下などがドル売り誘う

※忙しい人のサマリー
米債利回り低下などがドル売り誘う

ドル円は106円台へ値を落とす展開。クロス円も重く、ドル円の上値に重さ

ECB議事録で一時振幅。緩和バイアス解除意向が一部で見られ買われるものの
全体のトーン変わらず、戻す
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--
【東京市場】ドル円頭の重い展開に、円買いが主導

 水曜日の市場で二度107.90円近辺を付けたドル円は、108円手前の売りの重さもあって、22日東京市場で値を落とす展開となった。
 日経平均の大幅安などをきっかけに。107.70近辺から107.15近辺へ急落。その後少し値を戻したものの107.50を付けきれないなど、107円台前半での推移に。

 ユーロドルは小動き推移で、動きはドル安ではなく円高。ユーロ円は132円台前半から一時131円50銭台へ。株安などがリスク警戒感を誘った格好。

【ロンドン市場】振幅

 ドルの買い戻しが見られ、ドル円が107.60近辺、ユーロドルが1.2260近辺を付ける動きに。
もっとも、その後はドル売りが強まり、ドル円は107.20近辺。ユーロドルは1.23直前まで上昇。

 ECB議事録では、一部当局者がQEの緩和バイアス終了を望んだとの表記があり
ユーロドルは1.23台まで。
もっとも、基本的にはこれまで同様忍耐強く粘り強い緩和姿勢がみられ
ユーロ買いは落ち着いた。

【NY市場】ドル売り広がりドル円は106円代に
 
 昨日2.95%を付けるなど上昇した米債利回りが、低下を見せたことで
ドル売りの動きが広がった。
 ドル円は107円台を維持できず、106.60近辺まで下げ幅を広げるなど
ドル売りの動きが強まった、

【本日の見通し】不安定な展開

 FOMC議事録は比較的前向きで
来週予定されているパルエルFRB議長の議会証言への期待も強く
ドルはしっかりの期待も、
昨日のドル安の影響が残り、戻りでは売りが出る流れか。

 107円近辺が重くなるようだと、
週末を前にいったん短期筋が売りに回る可能性も。

 106円台後半のレンジ取引を基本に、
下値リスクをやや警戒する展開とみている。

 ユーロドルは戻りが鈍く、ドル全面安ではなく
円高も加わったドル円の下げになっている。

 ユーロドルの1.24手前がかなり重くなった印象で
ユーロ円などクロス円も下値リスク。

【本日の戦略】戻り売り

 ドル円は107円に近いところでいったん売りに回ってみたい。
スウィングはもう少しゆっくりと売り上がり107円台前半まで
デイトレは106円台後半での回転を中心に。
週末前の調整に注意して、
持ちすぎないようにしたいところ。


※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ