FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

ドル高基調継続、議事録で調整も続かず

※忙しい人のサマリー
ドル高基調継続、議事録で調整も続かず

議事録は、インフレ目標達成に慎重な見方を示すなど
一部で慎重論が目立ち一時ドル売りが広がったが、すぐに切り返した
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】ドル円一時107.90

 ドル円は107円台後半へ上昇するなど堅調な展開に。前日の海外市場で107円台を回復したドル円は、東京朝からしっかりの展開。午前中は株高の動きが広がり、リスク選好の動きが広がったこともあり、ドル円は107円30銭前後から107円90銭を付けるところまで買い進まれた。
 
 後場に入って株が一段高となり、日経平均の上げ幅が200円を超えたが、そこから金融株の下げなどにまさかのマイナス転となり、ドル円もリスク警戒から107円60銭台へ。

 もっともその後107円80銭台へ戻すなど、ドル円は基本的にしっかり。

【ロンドン市場】若干調整

 東京昼過ぎに107.90近辺を付け
その後ロンドン朝方まで高値圏でもみ合っていたドル円は
少し調整が入る展開に。

 一時107円30銭台までポジション調整が進む場面が見られた。
 
 ユーロドルが1.2308近辺まで値を落とすなど、ドル全面高基調が継続も、
ドル円の大台手前の売りに、いったん短期筋が調整に回った格好。

【NY市場】議事録でいったんドル売り

 注目されたFOMC議事録は、
「成長加速で追加利上げの可能性高まると過半数が判断」と追加利上げ路線を支持する姿勢が
過半数以上から見られたものの、
一方で、一部から「インフレ目標に遅れる相当程度のリスク」などの慎重姿勢がみられたほか、
「ドル安がインフレ目標達成を支援」などの意見も一部から出て
一気にドル売りが強まる場面が見られた。

 ドル円は107円70銭台から107円30銭近辺へ値を落とす展開に。
もっとも、下げたところからは急速に切り返し
逆に107円90近辺と昨日の高値圏を付けるなど
地合いの強さが心象的な流れとなった。

【本日の見通し】ドルはしっかり

 議事録での慎重姿勢は意外感も、過半数は追加利上げに前向きで
大きな流れは変わらずという印象。

 ドル円は振幅を経て108円を意識する展開となっており
大台超えも十分に意識する展開に。

 今日は米要人発言が相次ぐ日
なかでも国際通貨研究所の招きで東京にきているクォールズFRB副議長の講演などが
ドル円を大きく動かす可能性も。
銀行監督が担当ということで、金融政策への姿勢をしっかりと示していない副議長が
追加利上げに前向きな姿勢を示すと
市場の期待感が一気に強まる可能性も。

【本日の戦略】押し目買い

 108円トライを意識する展開でドル買いが中心か。
もっとも、昨日二回頭を抑えた107.90近辺から108.00にかけての売り意欲は健在で
突っ込んだ買いは避けたいという意識も。

 押し目を丁寧に拾いに回る展開か。
出来れば107円台半ばからの買い。

 デイトレは打診買いからの上を意識で
重いようだと小さく回転。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ