FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

一時ドル安も続かず、方向感出ず

※忙しい人のサマリー
一時ドル安も続かず、方向感出ず

イベント控え、突っ込んだ動きに警戒も
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】他市場動向受けて上下

 NY市場で109円20銭近くまで上昇した後、109円割れで迎えた東京朝。朝方もNY市場高値109円点前がいったん上値抵抗水準もあっさりと上抜け、NY市場の高値も超えて109円20銭近辺に。
 米債利回りの上昇が一時優勢で10年債利回りが2014年以来の2.72%台に乗せるなどの動きを見せたことで、ドル全面高基調なった。
 しかし、ダウ平均先物時間外取引が大きく下げたことで、一転してドル売り円買いに。ドル円は108円60銭台まで下落する展開。
 株安からのリスク警戒での円高が主導で、クロス円も軟調。
 リスク警戒で債券価格の上昇が見られ、午前中に上昇した分の米債利回りは上昇分をほぼ解消した。
 債券利回り上昇時のドル高で進んだ欧州通貨やオセアニア通貨の売りは、ダウ先の下げ
二は反応鈍く、安値圏推移。

【ロンドン市場】欧州通貨主導でドル振幅

朝方ドル高傾向が強まったものの、その後一転してドル安が優勢となった。
 動きを主導したのは欧州通貨、ユーロドルは1.2330台と昨日NY市場での安値圏と並ぶ動きを見せたが、昨日に続いて1.23台前半の買いに下値進行を阻まれると一転して反発を見せた。
 当初上昇傾向が見られた米債利回りが低下し、ドル安を誘う展開に。
 19時に発表されたユーロ圏GDPは予想通りとはいえ堅調。また、前期の数字が上方修正されており、ユーロ買いの流れに拍車をかける結果となった。
 ユーロドルは安値から100ポイント以上上昇。
 
 ポンドドルもユーロドル以上に激しい値動き。朝方は1週間ぶりの安値水準となる1.3980近辺まで下落も、一転して買い戻しが入ると、昨日のNY市場午前のもみあいでやや重かった1.41ちょうどをあっさり超えて1.4130台まで大きく上昇を見せた。

 対欧州通貨でのドル安につられて、ドル円も軟調。朝方はドル全面高傾向に108円80銭台を付けていたものの、108円50銭台に値を落とした。もっとも、対欧州通貨で円安が優勢となったこともあり、値幅は限定的。

【NY市場】朝方はドル安も値を戻す

 朝方はドル安が優勢な展開でドル円も108円台前半へ値を落とした。
ユーロドルが1.2450近辺を付けるなど、ドルは一時全面安。

 しかし、その後ドル安は続かず、ユーロドルが1.2380を付けるなどの動きに。

 この後の一般教書演説やFOMCなどのイベントを前に突っ込んだ動きへの警戒感が出ていた。

 ドル円も108円台後半へ値を戻している。 

【本日の見通し】イベント待ち

 11時に一般教書演説、朝4時のFOMCとイベントが控えており
結果待ちといったところ。
 一般教書演説では保護主義的な動きがどこまで印象的となるか。
先週の16年ぶりのセーフガード発動などを受けての行動を
強く強調してくるようだと、ドル売りが強まる可能性も。

 FOMCは基本的には無風の見込み。
声明内容には注目、特に前回少し上方修正された雇用の評価などがポイント。
今回から地区連銀総裁の投票権を持つメンバーが変わり
かなりタカ派に移った印象も、さすがに前回利上げした後だけに全会一致か。
一人でも利上げ派がいた場合は、ドル買いも。

【本日の戦略】イベントにらむ

 基調は下方向で、戻り売り基本も
イベント次第の面が強く、結果を見ての対応に。
108円台後半から109円にかけてはいったん売りに回ってみたいところで
108円割れも視野。

 デイトレはもっと小さくイベント後の動きを取りに行く流れ。


※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ