FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

株高利回り上昇もドル安

※忙しい人のサマリー
株高利回り上昇もドル安

ドル円は株高が円安誘いしっかりも値動き限定的

ダウ2万5千ドル乗せ
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】朝方ドル高も続かず

 正月明けの東京市場でドル円は112円台半ば近辺から一時112円78銭近辺までドル高円安が進行。ユーロドルが1.2005近辺までユーロ安ドル高が進むなど、ドルはほぼ全面高となったが、その後ドル円が112円60銭近辺、ユーロドルが1.2020台に戻すなどドル高の動きが続かなかった。
 昨日のNY市場を2.445%近辺で終えた米10年債利回りが、朝から上昇し、2.465%と約2BPの上げを見せる中、ドル買いの動きが強まったが、昼前に利回りの上昇が一服し、少し調整が入ったことで、ドル買いの動きも収まった。
 日経平均が600円を超えるなど、株高の動きもドル円をサポートしたが、上値での買いには慎重な姿勢が見られた。

【ロンドン市場】ユーロ高ドル安

 ユーロドルが1.20台後半に。
年を越した独連立協議について、楽観的な見通しが強まったことが
ユーロ買いを誘った。
欧州株の堅調地合いもユーロ買いに。

 前日の海外市場で対ドルで値を落としたポンドも
ユーロ買いに支えられて下げ分を解消する動きに。

 ドル円はもみ合い。113円手前の売りを崩しきれず。


 【NY市場】ダウ25000ドル乗せ

 米株の勢いが止まらず、ダウ平均が2万5千ドル台に乗せる動きを見せた。
 
 米債利回りが2.485%まで上昇する場面が見られるなど
株高利回り高も、ドル高は盛り上がらず。
その後米債利回りが2.45%割れまで低下する中で
対ユーロなどでドル売りが出る展開となった。

 ドル円は株高を受けた円売りに支えられたものの
113円手前をトライに行く勢いもなく、112円台後半での推移。

【本日の見通し】雇用統計への期待強い

 昨日は予想を上回る指標結果、2万5千ドル台に乗せたダウ平均と
強めの材料が出ていたものの、ドル買いの動きは限定的なものにとどまり
対ユーロなどではドル売りが優勢に。
ドル円は株高での円安分底堅さも、113円を試しに行く勢いもなく
上値を押さえられる形に。

 雇用統計期待で動きにくかった面もあるが、上値の重さは継続か。

 もっともこうした状況を一気に払拭する可能性があるのが雇用統計。
非農業部門雇用者数に関しては、ADP後の相場反応の鈍さからして
相当強めに出ないとドル買いは難しい可能性があるが
平均時給が予想を上回った場合は一気にドル買いも。
前回並み予想の前年比+2.5%を超える数字が出た場合には要注意。

 逆に下がりやすくなっている面もあるため
予想を下回った場合も気を付けたいところ。

 雇用統計まではレンジ取引が見込まれる。

【本日の戦略】雇用統計次第

 雇用統計、特に平均時給次第でどちらでもという状況。

 市場の今年の利上げ期待が年2回と3回で揺れており、
雇用統計の中で平均時給の結果がその見通しに大きな影響を与えるため
予想を上回るとドル買い、下回るとドル売りが素直に出そう。

 発表までは112円台後半を中心としたレンジ取引か。

 スウィングは結果を待っての動きに。

 デイトレは日中はレンジを狙いすぎずの回転。
結果発表後は素直に乗る展開に。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ