FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

税制改革法案成立見込みでドルしっかり

※忙しい人のサマリー
税制改革法案成立見込みでドルしっかり

ポンドはブレグジッド交渉、次のステップへ移行を正式承認も
難航見込みの通商交渉を前に売りが優勢
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】ドル円、日銀関連報道などにドル買い

  前日のNY市場夕方に株安などを嫌気して、大きくドル安が進み、ドル円は112円07銭近辺まで一時値を落とし、少し戻して東京朝を迎えた。

 朝方は112円台を何とか維持した海外市場の動きもあって、買戻しが中心となり、112円40銭近辺まで回復も、日経平均が約200円安で前引けを迎えるなど、株安の動きが強まったこともあり、再びじりじりとドル安円高に。昼前には112円11銭を付けるところまで売り込まれた。

 その後通信社が関係者筋情報として日銀が市場との対話を修正する必要と報じ、円売りが広がる展開に。
  日経平均が一時プラスに転じるなど、株高の動きも加わっており、ドル円は112円30銭台まで回復し、その後は112円30銭近辺での推移に。

 その他目立ったのはNZドルの上昇。製造業PMIが強めに出たことで、昨日からの下落傾向が反転した格好。対米ドルで0.6980近辺から0.7020台まで買い上げられた。

【ロンドン市場】ポンド、豪ドルが軟調

 ポンドが軟調、EU首脳会議が事前見通し通りEU離脱交渉が通商問題が主となる第二段階に移行することが
正式に承認される形となった。
 これまで以上に難しい交渉が予想されることで市場に警戒感。

 豪ドルは序盤に上昇も、その後は一転して軟調地合い。
0.77手前の売りに上昇を阻まれて、ポジション調整主体に。

 【NY市場】税制改革法案年内通貨期待広がりドル買い

 ドル買いの動きが強まった。
 
 上下両院共和党が合意した税制改革法案について
さらなる修正案がまとめる目途がつき、
反対姿勢を示していた二人の上院議員が賛成に回るとの見通しが広がって
ドル買いの動きが強まった。

 ドル円は一時112円75銭近辺、その後も高値圏でもみあい。

 その他通貨もドル買いが強まった。
ユーロはSPD指導部がメルケル首相率いるCDU/CSUとの連立交渉入りを支持との報道で
1.18台を一時回復していたが、
その後ドル買いが強まり、1.17台半ばへ。
ポンドや豪ドルなども対ドルでの売りが続いている。

【本日の見通し】ドル円しっかりの展開へ

 税制改革法案は、ルビオ委員の求めた子供への優遇措置などを盛り込む再修正案で合意し
成立見通しとなった。下院は19日にも採決する見込み。

 この流れがドルを支えており、ドル円は112円台後半から113円超えを意識する展開に。

 ポンドなどの軟調地合いも意識されるところで、ドルは全面高基調。

 113円近辺では売りが入るとみられ、ドル円での一本調子の上昇は難しいが
底堅い展開の中で上値トライのタイミングを計りそう。

【本日の戦略】押し目買い

 基調はドル買いながら
クリスマスを前に、取引は比較的低調となる可能性が高く。
突っ込んだ位階にも慎重姿勢がみられると予想される。

 なるべく押し目を待って丁寧に買いたいところ。

 デイトレもこの時期は無理をせず
買いから丁寧に回転を意識。


※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ