FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

材料交錯も、比較的しっかり

※忙しい人のサマリー
材料交錯も、比較的しっかり

株が大きく上昇、リスク警戒感後退

北朝鮮が弾道ミサイル発射でドル売りの場面も

パウエル次期FRB議長候補の公聴会は、タカハト入り混じり交錯

上院予算委、税制改革法案可決

EUと英国の離脱負担金合意報道も、当局は承知せず

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】やや買い戻しも、戻り鈍く

ドル円は111円ちょうどばさみの展開から、一時111円30銭台まで上昇したものの、
その後頭を押さえらえる格好となった。
 前日のNY市場でドル安円高が進行。北朝鮮リスクなどが意識されて110円80銭台を付ける動きが見られた。
NY引け間際に少し戻して朝を迎えると、
今晩次期FRB議長指名公聴会を迎えるパウエル理事の公聴会証言テキストが公表され、いったん振幅を見せた。
もっとも、目新しい材料はなく、振幅後は再びもみあいに。
 ドル安の影響もあって下げて始まった日経平均がプラスに転じたことで、昼にかけてドル円は111円30銭台へ上昇。しかし、このところ軟調地合いが目立つ中国株が今日もマイナス圏での推移となったこともあり、上値が重くなる形で、111円10銭台へ。

【ロンドン市場】ややドル高

 ドルインデックスが93台に乗せるなどややドル高の動き。
ドル円は111円30銭台、東京の高値をわずかに超えている。
ユーロドルは基本的にもみ合いから、1.18台後半へ売られた。
目立った材料が出ているというよりも、調整の動き。
欧州株が堅調推移で警戒感が後退した面も。
 
 【NY市場】北朝鮮・公聴会・予算など材料盛りだくさんに

 パウエル次期FRB議長候補の公聴会は基本的に想定内の発言も
賃金上昇の鈍さから景気に過熱感がないとの発言で
ドル売りの場面が見られた。
その後、来月の利上げとリア年以降の緩やかな利上げの方針が確認されてのドル買いに。

 警戒されていた北朝鮮の弾道ミサイルが発射されて、こちらはドル売り円買いに。

 さらにポンドで英国とEUが負担金で合意との報道で一気にポンド買いに。
英FTが報じたものであるが、英国政府はその内容は承知していないとしている。

 米上院予算委員会は上院の税制改革法を可決
可決が微妙といわれていただけに、ドル買いとなった。
明日にも本会議にかけられるとみられるが、こちらも成立が微妙な状況な上に
下院案とのかい離が大きく、調整が難航する見込み。


【本日の見通し】もみ合いから上値期待

 もみ合いの展開。
警戒感が強い流れとなったが、
アジア市場で懸念された中国株の下落が午前の下げから午後の戻しで収まったことで
一服感が出ている。
北朝鮮の弾道ミサイル発射などの材料を受けても下値がしっかりしていたことも大きく
ドル買い円売りに安心感が出てくる可能性も。
税制改革についての難航はリスク要因も
すぐに結論が出る可能性が低いだけに、
いったんは買い戻しが優勢となる可能性。
110円台での買い意欲と、これまでの調整の反動も含め
いったんは111円台後半を試す流れが期待される。


【本日の戦略】押し目買い
 押し目買いが基本となりそう
111円に近いところで買いを入れたいところ
ストップは110.80割れ。

 デイトレはも少し早めからの取引も
こちらも基本は買いからか。
北朝鮮がらみの動きが限定的に収まっており、
下値はそれほど期待しにくい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp