FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ユーロ高ドル安の流れ強まる、ドルはNYで全面安

※忙しい人のサマリー
ユーロ高ドル安の流れ強まる、ドルはNYで全面安

独指標の強さ、米税制改革の不透明感などが背景に

ドル円は114円手前で上昇阻まれ、ドル安に

NZドルは下げ基調継続、追加緩和期待が重石
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】NZ売り続く、主要通貨は小動き]

ドル円は17銭という狭いレンジでの推移に終始した。
 昨日の海外市場でいったん下値をトライも、113円台前半で買いが入ったことで、下値しっかり感が出て、ドル買いがやや優勢も、上値を買い上げるだけの勢いは見られず。
 欧州通貨もこの時間帯は小動き

 やや動きが見られたのがNZドル。午前中の中国の指標が弱めに出たことを嫌気し、同国への輸出が大きい豪ドルやNZドルに売りが出た。また、新政権となったことで、来年3月の任期をもってNZ中銀に新しい総裁を据えるとの見通しが広がっており、こちらもリスク材料として売りが出やすい状況に。


【ロンドン市場】ユーロ買いポンド売り、ドル円は往って来い

 株高を受けてドル円は113円91銭まで上昇する展開に。
もっとも、序盤上昇した欧州株が下げに転じ、
米債利回りの低下も見られると、一転して元の113円台半ばに戻す往って来い

 ユーロが大きく上昇。独GDPが好結果で買いを誘い、
1.17を超えてポジション調整を交えて上値をトライする展開。
ユーロ円も133円台にしっかり乗せて133.34近辺へ。

 ポンドはユーロポンドで売りが出たことで1.31台から1.30台後半へ下落。
注目された英消費者物価指数が前年比+3.0%と予想を下回り、前回と同じ水準となり
ポンド売りを誘った面も。

 東京市場でも値を落としたNZは朝方さらに下値トライ、
もっとも、その後は下げ渋り、少し値を戻している。

【NY市場】欧州通貨高ドル安

 ユーロドル主導で欧州通貨高ドル安の流れに。
ユーロドルは1.18台まで一気に上昇。ロンドン市場での上昇の勢いが加速した。
独GDPの好結果、米税制改革の不透明感からのドル売りなどがユーロドルの上昇に。
CPIの弱さからロンドン市場で売りが出ていたポンドは切り返した。
ユーロの動きに連れた動きで1.31台を回復すると、そのまま1.31台後半へ。

 ドル円は113円台前半まで下落。ドル全面安の動きに押される格好となった。
米株の調整局面がまだ続いており、ドル円、クロス円の重石となった面も。

【本日の見通し】113円台推移続く

 ドル円は高値から調整、114円を付けきれずに落とされたことで
上値に慎重姿勢も、下がったところでは買いが出る流れ。
ユーロドルが一気に1.18台まで上昇するなど、
ドル全面安の流れがはっきりしているものの、113円台前半での買いが断続的に入り
ドル円でのドル安は限定的なものに。
 
 今日もこうした流れが継続し、113円台を中心とした推移が続くとみられる。
欧州通貨高の勢いがみられるだけに、ユーロドルなどはもう一段の買いもありそうだが
昨日の上昇スピードが速かった分、調整を交えながらの可能性が高そう。

【本日の戦略】ドル円は押し目買い

 ドル円は押し目買いが基本。
113円台でのレンジを想定し、買い場を探る展開に。
デイトレも買いからの回転。

 クロス円は微妙でドル主導の展開に注意。
ユーロ円などは買い下がりが基本とみている。

 NZドルはまだ下がりそうで、やや注意といったところ。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp