FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル買い強まる展開に、税制改革や次期FRB議長への期待がドル高

※忙しい人のサマリー
ドル買い強まる展開に、税制改革や次期FRB議長への期待がドル高

米債利回りがポイントの2.40%をしっかり超え、ドル買いに寄与

NZドルは新首相に就任するアーダーン労働党党首発言で軟調
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--


【東京市場】NZ新首相発言で振幅

 ドル円は113円台前半中心の展開が続いた。
もっとも、安値はNY午後に付けた113.25と同水準で、値幅は限定的なものにとどまった。
 NYポストが報じた北朝鮮で生物兵器実験の可能性とのニュースがドル売りを誘った面があるが、
実態がわからず、最初の反応の後、影響が続かず。
もっとも、113円台半ばからの買いには慎重な姿勢が見られ、もみ合いが続いた。
 
 目立った動きを見せたのはNZドル。
労働党のアーダーン党首が、NZファーストとの連立合意書に署名し、
労働党、NZファースト党、緑の党の3党連立政権の成立が正式に決まったことで、会見を行った。
当初は財政規律について責任を負うと発言し、
新政権による財政赤字転落への警戒を示していた市場に安心感を与え、
対ドルで0.6970近辺から0.70超えまで上昇するなどNZドル買いの動きを見せたが、
続けて、NZ中銀(RBNZ)の役割について再考すると発言し、一気にNZドル売りに。
これまでの物価の安定に加え、雇用の最大化などが命題として加えられる可能性があり、
より緩和的な金融政策への懸念が広がった。対ドルで0.70台への上昇分を一気に解消し、
さらに0.6920台まで値を落とすは大きな振幅を見せる展開となった。

【ロンドン市場】ドル高円安

 ドル円はしっかり。

 朝方は下げて始まった欧州株が切り返し、上昇を見せる中でリスク選好の動き。
米株先も前日の下げを取り戻し上昇と、株高が円安を誘った。

 米10年債利回りはポイントとなる2.40%手前まで上昇し、ドル高を誘う格好に。
ドル円は113円台前半からじりじりと113円70銭台へ。

 ユーロはPMIの好結果もありしっかり。

 ポンドは、上値が重く、やや軟調。目立った材料などはなくユーロポンドのユーロ買いポンド売りに押された。

 NZドルは朝方東京市場の流れをうけて下げが続き0.6920割れも、
その後少し値を戻してもみ合い。

【NY市場】ドル高強まる

 ドル円が114円台に乗せるなどしっかり。
米債利回りが上昇し、2.40%をしっかり超えて2.42%台を付ける中で
ドル買いの動きが広がった。

 米税制改革への期待感などもドル買いを誘ったが
午後に入って同改革へ3名の共和党上院議員が反対する可能性との報道があり
一気にドル売りが入る場面も見られた。
上院での共和党の勢力は52名で、3名が反対すると法案が通らなくなる。

 しかし、その後共和党上院議員による次期FRB議長に関する挙手投票で
テイラー・スタンフォード大学教授が勝利と報じられ、
ドルは買い戻しが入った。
(ちなみに、米議会でFRB議長などの承認権限は下院にはない)

【本日の見通し】ドル高優勢

 調整が一服しドル買いの動きが広がっている。
先週金曜日の米予算決議案通過の影響がしっかりと残っている形。

 ドル円は114円台での売り意欲が見られるが
米債利回りがポイントを抜けてきており、もう一段の上昇は十分にあり得そう。
テイラー・スタンフォード大学教授が次期FRB議長に有力視されていることで
12月の追加利上げだけでなく、来年以降の利上げ期待が広がっており
長期金利の上昇も目立つことでドル買いに。

 高値警戒感は強いが当面はドル買いの流れが強まりそう。
上値を意識する展開に。

 次期FRB議長人事関連はリスク要因であることには注意。
テイラー・スタンフォード大学教授期待が強まっているだけに
他の候補に決まった場合、特にイエレン議長の留任となった場合の
大きな反動に注意したいところ。

【本日の戦略】押し目買い

 114円台の売り意欲を考えるとできれば押し目を拾いたい。
もっともNY午後の下げで113円台半ばを付けておらず
押し目が限定的になる可能性が高い。
少し早めに買ってのゆっくりした買い下がりを意識か。
 
 デイトレは早めに買いに回り114円台での売りを狙う。
但し、次期FRB議長人事がどのタイミングで出るかわからないため
ストップを確実に。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp