FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NZ新政権、カタルーニュ州問題などがリスク回避の円買いに

※忙しい人のサマリー
NZ新政権、カタルーニュ州問題などがリスク回避の円買いに

パウエル理事が次期FRB議長に有力との報道などもドル売り誘う

米株はアイフォンがラミの報道も重石
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】NZ連立警戒

 ドル円は113円を挟んでのもみ合いが続いた。
NZドル円の売りを受けてやや値を落とす場面も、112円90銭割れまでと、下値がかなりしっかりしており、その後113円台を回復した。
 日経平均は13連騰濃厚で、ドル円の支えに。

 NZドルは、連立政権のキャスティングボードを握るNZファースト党のピーターズ党首の発表待ちで不安定に。朝方は上昇も、午後といわれた発表が現地時間の夕方になっても始まらず、神経質なNZドル売りを誘った。
 第二党である労働党の事務所で歓声などの噂や、ピーターズ党首の発表後、労働党のアーダーン党首が会見などの発表を受けて、労働党・緑の党連合をNZファースト党が支持するとの見通しが広がり、NZドル売りの動きも。
 
【ロンドン市場】政治リスク拡大

 NZファースト党が労働党緑の党連合を支持と発表し、9年ぶりの新政権が樹立、労働党のアーダーン党首が首相となることが決定した。
この流れをうけてNZドル売りが強まり、NZドルは79円割れまでと、東京朝から1円80銭の大幅安。対ドルでも100ポイント以上の下げに。

 さらにカタルーニャ問題がリスク警戒の円買いを誘った。
スペイン政府がカタルーニュ州の自治権剥奪手続きを開始と発表、カタルーニュ側も反発で、大きな混乱。ユーロ円の売りが広がった。

 こうした流れでドル円も値を落とし。112円台半ば割れに。

【NY市場】ドル円一時112円30銭近辺

 ドル売り円買いの動きが広がり、ドル円は一時112円30銭近辺。
株高の一服もありリスク警戒の動きが広がった。

 米国の株価に関しては、政治リスクを受けたリスク警戒というよりも、アップルがサプライヤーに対し、11月と12月のアイフォーン8/8プラス向けの発注を50%以上減らしたとの報道が重石に。

 もっとも、ダウ平均が午後に下げ幅を縮めると、ドル円もしっかり。112円70銭近辺を回復する動き。

 ただ、NY市場夕方にトランプ大統領が次期FRB議長にパウエル理事推しに傾くとの報道で、ドル売りが入る場面が見られるなど神経質な展開が続いている。

【本日の見通し】やや頭の重い展開

 政治リスクが強まることで頭の重い展開に。
カタルーニャ情勢は、スペイン中央政府が自治権はく奪に動き、カタルーニュ自治州は週明けにも独立宣言と対立が激化する格好に。
 NZ新政府はすぐに悪材料というわけではないが、下がったところからの買いが出てこず、NZドル円は重い。

 さらに今週末にも結論が出るとみられる次期FRB議長候補について、パウエル理事有力との報道が出ており、こちらもドル売り円買い材料。

 週末に発表されると売りが出る可能性があることから、ドル買いポジションを維持しての週越えに慎重な姿勢も。
 ドル円は112円台後半が重くなりそうな流れとなっている。

【本日の戦略】戻りが鈍いか

 スウィングはじっくり待って買いに回りたい。
突っ込んだ買いポジションで週越えはリスクが高い印象。112円台前半での買いを意識か。
 
 デイトレは112円台レンジでの回転。ポジションを持ちすぎない。

 目先は重いが、売りからよりもまだ買いからの流れとみているが、政治相場は流れが読みにくい。要注意が必要な展開。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp