FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

北朝鮮リスクなど意識し、ドル円やや落とされてもみ合いに

※忙しい人のサマリー
北朝鮮リスクなど意識し、ドル円やや落とされてもみ合いに

週末の雇用統計はかなりの好結果、一時ドル買い広がる

ポンドは政治リスクが嫌気され、1.30台前半まで落として
週明けからは買い戻しが優勢に。
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【6日の市場】雇用統計好結果も、北朝鮮リスクで失速

 6日の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が予想に反してマイナスとなったものの
平均時給が予想を大きく上回る好結果となり、失業率も労働参加率が上昇したにもかかわらず下落するという
力強い結果となって、ドル買いが広がった。
 非農業部門雇用者数の数字はハリケーンによる特殊要因という見方が広がり
その他の数字の強さに影響を受けた格好に。

 ドル円は113円台にしっかり乗せて上昇を見せたが
NY午後に入って急速に値を落とす展開となった。

 北朝鮮を訪問していたロシアのモロゾフ下院議員が
北朝鮮は米国西海岸を攻撃可能な新たな長距離ミサイルの実験を準備と発言し
この連休及び10日の朝鮮労働党の創建記念日での実験実施が懸念されて
ドル売り円買いにつながった格好。

 ドル円は112円台に値を落として週の取引を終えている。

 ポンドは一日を通して軟調地合い。

 英政治リスクの強まりがかなり厳しい。
メイ首相の辞任要求が英下院議員で広がっており
市場の警戒感を誘っている。

【9日の市場】

 週明けの市場でドル円はもみ合いに終始した。
東京不在のオセアニア・アジア市場朝に
北朝鮮リスクなどを警戒して円高が優勢となり、112円30銭台を付けたものの
午前中に112円台後半に上昇すると、その後は112円60銭^70銭を中心としたもみ合いに終始した。

 NY市場がコロンブスデーで銀行がお休みとなり
参加者が極端に少なかったことも様子見ムードにつながった。

 欧州通貨は買い戻しが目立った。
ポンドは1.30台から1.31台後半までの上昇。
週末に1.30台前半まで落として、一服感が出ていたことや
単位労働制の大幅な上方修正などが支えとなった。

 ユーロもしっかり。ラウテンシュレ-ガ-ECB理事の
テーパリングへ前向きな発言などが支えとなった。

【本日の見通し】北朝鮮リスク意識も底堅い展開か

 今日は北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日にあたり
核・ミサイル実験への警戒感が強いこともあり、
ドル円の頭が重くなる可能性が高い。

 もっとも同問題を除けばドル高円安基調であり
下がったところでは買い意欲も。

 下げが一服したポンドは、戻りが落ち着くと再びの売りが意識される。
メイ首相への不信感が広がり、政治リスクが強まる中で
高値追いには慎重姿勢。

【本日の戦略】押し目買いが基本か

 北朝鮮リスクが強いだけにドル買いポジションの維持が難しいが
売りに回りたい局面ではなく、
下がったところで丁寧に拾いたい。
ポジションを大きくしすぎないような注意も。

 デイトレも基本は買いからも、一気の動きに注意。
ストップを確実位入れながらの取引も、一気に値が飛ぶ可能性も意識し
ポジションを小さめに。

 ※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp