FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル買い継続、一時113円台

※忙しい人のサマリー
ドル買い継続、一時113円台

欧州通貨安、カタルーニャ州住民投票など嫌気

ポンドはメイ首相と閣僚との対立姿勢が売りを誘う
製造業PMIも弱い
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】米債利回り上昇など好感しドル買い

 週明け2日の東京外国為替市場で、ドル円は一時112.92円まで上値を伸ばす展開となった。
先週末の海外市場では米国のインフレターゲットの対象指標であるPCEデフレータがコアも含め予想を下回り、ドル売りが進む場面が見られたが、金利先物市場動向から見た利上げ確率が下がらず、買戻しが入って週の取引を終えた。
 週明けの東京市場は下値しっかり感に加え、朝から米債利回りの上昇が目立ち、ドル買いに。
 米2年債利回りは直近の水準を超えて1.4987%と、1.5%に迫る動きを見せて、ドルを支えた。
 1.18台を回復していたユーロドルが1.1760台へ値を落とすなど、ドルはほぼ全面高。

 午後に入ると、米債利回りの上昇も落ち着き、ドル円も小動きに。
株式市場の動きも落ち着いており、いったん様子見ムード。
もっとも、ドル円は112円90銭近辺での高値圏もみ合いで、ドル高基調は継続。

【ロンドン市場】一時113円台

 東京市場の流れを継続し、朝方はドル買いが先行。
ドル円は一時113円06銭近辺を付ける動きとなった。

 しかし、米債利回りの上昇が一服し調整が入ると
ドル円も値を戻し112円70銭台に。

 ユーロは序盤に売りが目立った。
スペインのカタルーニャ州で行われた住民投票での独立派の圧倒的な支持に
ユーロ売りが強まった。
スペイン債などが下落する中、ユーロは1.17台前半へ。

 ポンドはユーロ以上に売りが出て、欧州通貨安の流れ。
英製造業PMIの弱さが重石に。

 ハモンド英財務相がメイ首相の交渉の進展の遅さに
閣僚全員がいら立っていると発言したことも、ポンド売りに。

【NY市場】113円手前

 ドル買いの流れが継続し、113円手前まで上昇も
ロンドン市場と違い大台を超えきれず、112円台後半へ。

 ユーロは依然重いものの1.17台前半で下げ止まっており
さらなるドル高にはつながらず。

 ポンド円は149円台へ。大台を割り込む厳しい動き。
メイ首相とジョンソン外相の対立から外相更迭を求める声が
メイ首相率いる保守党の大会で報じられたこともポンド売りに。
 
【本日の見通し】基調はドル買い

 ドル買い基調継続の流れ。
ドル円の113円台での警戒感は見られるものの、
欧州通貨安ドル買いの動きも見られ、ドルは基本的に全面高。
オセアニア通貨、新興国通貨も米国の利上げ期待が強い中で
買い上げるのは難しく、当面はドル高が基本に。

 ドル円は112円台半ばがしっかりサポートされると
昨日の高値圏を試す動きも。

 今日は次期FRB議長の有力候補の一人であるパウエル理事が
イベントに参加して発言を行う。
 基本的に利上げに前向きな姿勢を示してくるとみられ
ドル買いの材料となる可能性も。

【本日の戦略】押し目買い

 押し目買いの流れに。

 ドル買いは継続も、高値追いには慎重姿勢がみられるため
113円に近いところでの突っ込んだ買いは避けたい。
もし大台にしっかり乗るようならば、買いに回る手も無理は禁物。

 112円台半ばからの買い下がりが基本姿勢か。

 デイトレは112円50銭手前から買いに回り、112円台後半での利益確定の動きが基本か。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp