FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

一時ドル高も、海外市場で調整強まる

※忙しい人のサマリー
一時ドル高も、海外市場で調整強まる

ポンドは神経質な振幅、利上げ期待もあり市場の動きがあらい

ユーロ一時買い戻し優勢で1.18台回復も、維持できず
-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

【東京市場】ドル高強まる展開に

トランプ政権の税制改革の大枠発表などを好感して、ドルはほぼ全面高の流れとなっている。
NY市場での事前報道で113円台を更新した後、一旦は調整の動きが強まっていたが、112円台半ばからがしっかりという展開に、東京朝からしっかりに。
 米長期金利の上昇が止まらず、10年債利回りが2.35%台まで上昇する中で、ドル円は113円台を再びつけるという流れに。
113円台に乗せたあとも高値圏でもみあっており、ドル高基調が継続。
 ユーロドルが1.17台半ばから1.1720近辺。豪ドルドルが0.7850台から0.7810台など、対円以外でもドル高基調が優勢となっている。

 朝方政策金利の据え置きを発表し、当面の緩和維持を示したNZドルは、0.7180近辺と、0.72を割り込んで売りが出ている。政策金利発表後の0.72割れから0.7230台まで買い戻されたものの、昼前から重くなった。もっとも、今週もう一段の安値があり、あくまでレンジ内での動き。

【ロンドン市場】調整

 朝方はドル高の動きも、その後調整の動きが広がった。
 
 目立った材料が出たというよりも、新規材料がない中で
113円台が重くポジション調整に。

 目立ったのはポンドの振幅。

 カーニー英中銀総裁の講演で特段の利上げに関する発言はみられず、市場は売りに反応。
一時1.3340台まで下押しされた。
もっとも、講演のテーマが中銀の独立性で、利上げの話がない方が自然ということもあり
その後は買い戻しに。
 バルニエEU主席交渉官がEU離脱交渉で、新たな動きも多くの作業残る、と発言し、
交渉が一歩前進したことが示唆されたことも買い戻しを誘った。

【NY市場】ドル円は112円台前半までの戻り売り

 ドル円は調整の動きが強まr委、112円台前半を付ける動きが見られた
 目立った材料がなく113円台の重さを嫌気した短期筋のポジション調整がなどが主体。

 ユーロドルが一時1.18台を付けるなど、ドル高に対する調整が目立った。

【本日の見通し】基調はしっかり

 昨日の海外市場では利益確定の売りにドル円は112円台前半まで値を落とした。
113円台が重く、いったんポジション調整が入った格好。

 もっとも、あくまでポジション調整とみており、基調はまだ上方向。
年内利上げ期待の高まりや税制改革を受けての米景気の拡大期待は
かなり大きなドル買い材料であり、中期的にドル高圧力が継続とみている。

 ドル円は112円台を維持すると、上値を試す展開がありそう。

 1.18台を付けて、戻りも一服感のあるユーロドルが再び下を試すと
ドル買いが出やすい状況も。

 今日の注目は21時半のPCEデフレータ
前回は総合・コアともに前年比+1.4%と
インフレターゲットの2.0%からかなり遠い印象となった。
今回は総合の数字が+1.5%と改善見込み。
CPIが強かっただけに、同傾向を示すPCEが予想を超えてくると
利上げへのハードルが一気に下がり、
ドル買いの動きにつながる可能性が高い。

【本日の戦略】押し目買い

 調整が入ったものの、流れはまだ上。
ドル円は下がったところでは買い意欲がみられ
押し目を丁寧に買いたい。

 112円台前半から111円台半ばにかけては本来回のゾーン。

 さらに割り込むとストップ。

 デイトレも買いから、早めに買いに回る印象で回転を効かせたい。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp