FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

北朝鮮リスクの後退、米指標の強さでドル買い

※忙しい人のサマリー
北朝鮮リスクの後退、米指標の強さでドル買い

グアム攻撃計画の見送りでドル円、クロス円に買い

米指標がかなり強めでドル買い強まる

英CPIは弱め、失望感からポンド売り

-+---+--+---+---+---+---+---+---+--+--

円安優勢に
ポンドはCPIの弱さが響く展開
米指標は、かなり強め
特に小売売上高は、かなり弱かった前回値が大幅上方修正でプラス圏になったうえ
そこからの対比でもまだ強めの今回の値と、強い数字でドル買いをサポート

【東京市場】北朝鮮リスク後退し円安強まる

 ドル円が110円台を回復し、110円40銭台まで上昇、昨日のNY市場で128円台まで値を落としたユーロ円が130円台を付けるなど、円安の動きが一服した。
 北朝鮮の国営メディアが金朝鮮労働党委員長が米領グアム近海へのミサイル攻撃を見合わせると決めたと報じたことが、円売りを誘った。
 同問題はドル円などの大きな重石となっていただけに影響が大きくなった。
 週明けドル安に対する調整もあってしっかりの展開を見せた市場。ドル円は昨日頭を抑えた109円80銭近辺の水準を朝方にあっさりと抜け、110円の大台を回復。日経平均の大幅高などにも支えられて、ドル買い円売りが強まった。
 クロス円でもリスク選好の円売りが強まり、ドル円は上値を試す展開に。

【ロンドン市場】英CPI弱くポンド売り

 英消費者物価指数(CPI)は予想を下回り前月比がマイナス、
インフレターゲットの対象である前年比は+2.6%と、
予想を下回り、前回から上昇を見せなかった。
CPIに関しては前回が予想をはるかに下回って低下し
今回少し回復の期待となっていたが、同水準にとどまったことで
早期の利上げ期待がかなり後退する格好となった。
発表前に1.2950近辺を付けてポンドドルは、
1.2860台まで下落。
ポンド円も143円台から142円台前半へ下落し、東京市場での上昇分が打ち消した。

 ドル円はもみ合い。110円台半ばが少し重く、頭を抑えられた。
ユーロ円は130円台をいったん付けたことで一服感が出て
129円台半ば割れまで調整。

【NY市場】米小売強め

 米小売売上高が相当強めの数字に。同指標は前回6月分がかなり弱く
全体、コアともに-0.2%となっていたが、ともに上方修正されプラス圏を回復。
また、そこからの対比である分、不利になるはずが
全体は+0.6%、コアが+0.5%と予想のともに+0.3%から上振れる好結果に。
同時発表のNY連銀景気指数も強く
ドルは大きく上昇。
ロンドン市場で頭を抑えた110円台半ばを超えて110円85銭を一時つけ
その後も高値圏でもみ合った。

 ポンド円が141円台まで値を落とすなどロンドン市場でのポンド売りは継続。
CPIの弱さが意識された。

【本日の見通し】ドル円しっかり、流れが変わった可能性も

 ドル円は前日の米指標の強さを好感し、ドル買いが進む展開が期待される。
110円台後半でのレンジ取引の中、111円トライのタイミングを計る展開か。

 米指標の強さはかなり驚異的。
これまでドルの頭を抑えていた米朝の緊張が少し後退したことで
ドル買いに対するハードルが低くなっており、

 これまでのドル売りトレンドの転換も期待されるところ。
ドル安の際に上昇を見せていた欧州通貨も
ポンド安の流れから、反転下落傾向にあり流れが変わった可能性も意識。

【本日の戦略】押し目買い

 ドル円は上を期待。
ただ、111円手前の売りが見えており、高値圏を買いにくい
押し目をしっかり拾いたいところ。
110円台半ばから110円にかけての買い
109円台半ばでのストップを中心にじっくりか。
デイトレも買いからだが、110円台後半での買いは慎重に。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp