FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円一時109円台回復も、やや調整

※忙しい人のサマリー
ドル円一時109円台回復も、やや調整

ムニューシン財務長官発言などがドル買い誘う

週間原油在庫受けて原油大幅安。

【東京市場】ドル円しっかり、豪ドル売り優勢

 ドル円は108円台前半から少し値を戻す格好となった。

 前日の海外市場でメイ首相による総選挙実施発言からポンド買いドル売りが優勢となったことをきっかけにドルは全面安に。ドル円は108円30銭台を付けて東京朝を迎えた。

 東京市場では朝から利益確定の買い戻しが優勢となったが、豪ドル円の売りなどで再び108円台前半をトライするなど、午前中は戻りの重さも見られた。

 午後に入ると、ドル高円安の動きが優勢に。円高進行で下げて始まった日経平均がプラスに転じたことなどが、ドル円のサポートに。

 その他目立ったのは豪ドルの売り。昨日発表された豪中銀理事会議事録で当面の低金利政策維持が示されたことが、豪ドルの重石に。
 最大の輸出品目である鉄鉱石の価格低下が続いていることなども、豪ドルの重石に。
 新規の材料が出たというよりも0.7550超えの買いが続かず、短期筋のポジションの整理が見られれて豪ドル売りに。いったん安値を付けた後の戻りも鈍く、午後に入って下げ幅を拡大した。

【ロンドン市場】ドル円109円台乗せ

 ドル円が109円台を回復するなど、堅調な推移。
米債利回りがロンドン朝から上昇を見せ、ドル買いに寄与した。

 欧州株、特にダックスが堅調、自動車関連などが相場を押し上げ、リスク警戒感後退からのユーロ買い円売りを誘った面も。

 もっともユーロに関しては対ドルでもみ合い。23日にフランス大統領選挙の第1回投票を控えており、突っ込んだ動きを手控える動きに。

 情勢はほとんど変わらず、マクロン前経済相が支持率トップでルペン国民戦線党首%、フィヨン元首相、メランション元左翼党共同代表と続いている。
 支持率差は小さく、上位4者は接戦。
  
【NY市場】原油大幅安

 朝方ドルの上昇が目立つ展開に。
ドル円は109円18銭近辺まで上昇。

 ムニューシン財務長官がトランプ大統領のドル高牽制は口先介入ではないと発言したことなどがドル買いにつながった。
 
 もっとも、週間原油在庫統計で、原油在庫が予想ほど減少を見せず、ガソリン在庫が9週ぶりに増加すると、NY原油が大幅安に。
 米債利回りの低下などを誘い、その後はドル買いに対する調整が入る展開。
ドル円も109円台を維持できず値を落とした。

【本日の見通し】レンジ取引からレンジブレークを期待

 このところ108円手前では買いが出て、109円台に乗せると売りが出る流れ。
米国の経済状況などは悪くなく、6月の利上げ期待もある中で、下がったところでは押し目買いの動き。
 一方、地政学的リスクを警戒した売りが頭を押さえているほか、実需がらみの売りの噂も。

 上下ともにレンジを超えていくだけの材料に欠ける感もあるが
目立った新材料が出ているわけではなく、そろそろレンジブレークのタイミングに。
 期待は上方向。株式市場動向などから地政学的リスクへの警戒感が収まってきており、ドル買い円売りの動きを期待している。

 東京市場では、このところ重さが目立つ豪ドルの動きにも警戒したい。
鉄鉱石市場の低下傾向などが豪ドルの重石となっている。


【本日の戦略】押し目買い

 ドル円はレンジ取引が中心となるだけに、無理は禁物も、
上方向への期待を持ってみている。

 下がったところでは押し目買いに回りたい。
108円までは買い下がりで、大台割れでしっかりやめる。

 デイトレはもう少し小さく、108円台半ばから109円台乗せのレンジを中心に回転という意識。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません


山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp