FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

円高強まり、一時110円20銭台へ

※忙しい人のサマリー
円高強まり、一時110円20銭台へ

豪ドルはRBA理事会で今後の利上げに消極的姿勢見られ売りが強まる

南アランドは売り続く ジャンク級への格下げ響く

【東京市場】円高強まる

4日の東京市場でドル円は110円台前半まで値を落とした。
 昨日の海外市場で110円台後半まで値を落とす動きが見られた。
 この流れを継続し、朝方ドル円は下値をトライ。
110円50銭を割り込む動きが見られた。
その後110円60銭台を中心にもみ合いが続いていたが、
13時半発表の豪中銀金融政策理事会の声明で
今後の利上げに消極的な姿勢が見られたことで豪ドル円が売られると、
ドル円も再び下値をトライ。110円50銭を大きく割り込み、
一時110円30銭台まで。
 昨日の英紙でのトランプ大統領のインタビューにおいて、単独でも北朝鮮へ行動へという発言が見られたことで、地政学的リスクがクローズアップされている。米中首脳会談を比明け、同問題が大きくクローズアップされるのではとの懸念が見られた。1日付で日本が韓国大使を戻したことも、有事対応ではとの思惑を誘った。

 豪ドルは中銀理事会での声明を受けて値を落とした。声明では労働市場の一部で軟化と表現。不動産市場へのコメントも併せ、利上げが遠いとの印象を与え、豪ドル売りに。豪ドル円は円高の動きも加わって84円20銭台から83円60銭台に。豪ドル関しては午前中に貿易週の好結果で持ち上げられていたが、その分を超えて下げが広がった。

 ポンドが14時台に値を落とした。目立った材料が見られず、大口の売りが入った格好に。ポンドドルは1.2490近辺から1.2420近辺に。

【ロンドン市場】円買い継続

 クロス円主導で円買い圧力が継続している。ドル円は序盤に110.34レベルに安値を伸ばしたあとは、下げ一服。戻りは110.60近辺まで。その後は110.40-50レベルでの揉み合い商状が続いている。上値が重い印象で、NY市場では米貿易統計にからんで通商問題をめぐるトランプリスクが意識される可能性がある。

 序盤にはポンド円やユーロ円の売りが目立った。ポンドには東京午後から売りのフローが持ち込まれており、ポンドドルは1.24台後半から1.24台前半へと下落。ポンド円は138円割れから一時137.20台まで下押しされた。3月の英建設業PMIは52.2と前回の52.5から低下した。事前予想は52.5だった。発表直後は買い戻しもでたが、上値は重い。

 ロシア地下鉄での爆発事件がテロへの警戒感を強めていることや、仏世論調査でルペン候補が巻き返してきていることなど、リスク材料が勝った形。

 続いて豪ドルにも売りが再燃。豪ドル/ドルは0.75台後半から0.7545レベルへと安値を広げ、豪ドル円は83円台後半から83.30台へと下押し。ロウ豪中銀総裁は、必要ならば、より一層の住宅ローン制限の検討も、と述べた。

 政情不安に揺れる南ア政府だが、南ア・ランドはきょうも大幅安となっている。ランド円は8円の大台を割り込み、一時7.923円まで安値を広げた。昨年11月24日以来のランド安・円高水準となっている。

【NY市場】米債利回り回復など受けてドル買い

 ドル円は朝方に110円20銭台まで下落も、その後値を戻した
米債利回りの回復がドルの買い戻しを誘った。
米株もしっかりでリスク警戒感が後退していた。

 もっとも突っ込んだ動きへの調整という面が強く
ドル安の意識が継続。

【本日の見通し】110円意識続く

 前日のNY市場で安値からいったん値を戻す格好となった。
先月後半に二回下値を支えた110円手前の買いが依然として意識されている。
もっとも、戻りでは売り意欲も見られ、
リスクは下方向。
明日、明後日の米中首脳会談を前に、
北朝鮮リスクも含めて地政学的リスクが意識されており
円買いが入りやすい展開が続いている。

 金曜日の雇用統計に向けて今日のADPにも注目。
追加利上げペース加速期待がやや後退してきているが
雇用情勢次第では再び強まる可能性があるだけに
今週金曜日の雇用統計は要注意。
その前哨戦となるADPは前回が強かった分20万人割れとなる見込みも
平均するとかなりの好結果。予想前後の数字が出てくると
金曜日の雇用統計本番への期待感からドル買いも。


【本日の戦略】戻り売り

 110円リスクが依然意識されるだけに
戻りは丁寧に売りたい。
出来れば111円台前半まで売りを待ちたいところ。
NY市場からの調整局面がどこまで伸びるのかを見極めたい。
111円台後半ではストップ。
デイトレは110円台からの売りも、持ちすぎない。

※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません


山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp