FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

ドル円一時116円台も、その後調整

※忙しい人のサマリー
ドル円一時116円台も、その後調整

FOMCを前にポジション調整の動きに

ユーロはしっかり、イタリア新首相決定など好感

【東京市場】ドル高優勢

 前週末海外市場で115円台を付けたドル円は朝方、前週末の高値を超えて115.62近辺まで上昇。
その後、日本株の上げ渋りもあって、いったん調整が入ったものの
115円台をしっかり維持する展開に
午後に入って再び高値圏に上昇と、ドル円はしっかり。

【ロンドン市場】116円台に

米債利回りの上昇が著しく、長期債利回りが節目の2.50%を超える中で
ドル高円安の動き。ドル円は116円台にのせる場面が見られた。
ユーロドルなどがしっかりで、ドル全面高ではなくて円安の動き
クロス円も軒並みの上昇。
原油高などを受けてのリスク選好の動きなども。

116円台を維持できず少し調整もこの時間帯は基本的にしっかり

【NY市場】調整目立つ展開

 ドル円が114円台に落とされるなど調整が目立つ展開に。
ユーロドルなどでのドル高が見られないなかで、ドル円だけでの上昇にやや無理があった。
FOMCでドル高牽制が入るとの思惑なども調整を誘い、
ドル円の売りが優勢な展開に

新首相が決まったイタリアの政治的な混乱回避を好感した
ユーロ買いドル売りなどもドル高の調整に寄与した。

【本日の見通し】FOMCにらむ展開

 前日に116円台まで上昇したドル円は、いったん調整が入る展開となっている。
もっとも、基調としてのドル高円安は継続。あくまでポジション調整の動きが主体。
市場の注目は、今日、明日と開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)。
0.25%の利上げは織り込み済み。さすがに一気に0.5%上げる状況とも見えず
政策面でのサプライズ要素は少ない。
ただ、ドットチャートで示される参加メンバーの金利見通しの上方修正がはっきりするとドル買いに。
一方、ここにきて警戒されているのが声明でのドル高のけん制。
ここにきて一気に進んでいるドル高による輸出企業への悪影響とディスインフレ圧力を考慮して
何らかの文言が入ってくる可能性がある。
この場合は大きなドル売り材料。
日本時間15日に発表されるFOMCまでは大きな動きが出にくい展開か。
今日明日はFOMCをにらんでの様子見ムードが広がりそう。

【本日の戦略】FOMCまでは無理をせず

FOMCまでは無理をせず、押し目買いの動きを基本に。
ドル円は基調継続だけに114円台半ばぐらいからは買いに回りたい。
ゆっくりと買い下がって、ストップをしっかり。
デイトレは調整をにらみながらもドル買いを基本に。
押し目を丁寧に拾って回したい。
※山岡和雅個人の見解です
為替や、その他いかなる商品について売買を推奨するものではございません


山岡和雅(やまおか・かずまさ)

山岡和雅(やまおか・かずまさ)

1992年チェースマンハッタン銀行入行
1994年ロイヤルバンクオブスコットランド銀行
(旧ナショナルウェストミンスター銀行)移籍
10年以上インターバンクディーラーとして活躍した後にGCIグループに参画。
2016年3月より株式会社みんかぶマガジン社・FX情報配信部門 部長兼 編集長
(社)日本証券アナリスト協会検定会員
主な著書として「外為投資ネットでらくらく儲かる方法」(すばる舎)
はじめての人のFX(外国為替証拠金取引)基礎知識&儲けのルール」(すばる舎)がある

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ

URL変更のお知らせ

KlugFXのURLはhttp://klug-fx.jpへ変更となります。お気に入りやブックマークなどに登録されているご利用者さまは、お手数ですが下記の新URLへの変更をお願いいたします。

http://klug-fx.jp