FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

後場に注目すべき3つのポイント~投資家心理の改善続くが[FISCO]

配信日時
2019年1月9日(水)12:42:17
掲載日時
2019年1月9日(水)12:52:17

9日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は大幅に3日続伸、投資家心理の改善続くが・ドル・円は小じっかり、米非常事態の回避で一時109円・値上がり寄与トップはソフトバンクG、同2位はテルモ■日経平均は大幅に3日続伸、投資家心理の改善続くが日経平均は3日続伸。251.70円高の20455.74円(出来高概算6億4000万株)で前場の取引を終えている。8日の米株式市場でNYダウは256ドル高と大幅に3日続伸。米中貿易交渉が順調に進展しているとの見方が強まり、買いが先行した。トランプ大統領が協議は「非常に順調に進んでいる」などと投稿したほか、閣僚級の会合が月内に開かれる見通しと伝わっている。また原油相場の上昇が好感され、ハイテク株への買いも続いた。米株高を受けて東京市場でも投資家心理が一段と改善し、本日の日経平均は162円高からスタートすると、前場には20481.01円(276.97円高)まで上昇する場面があった。東証1部の値上がり銘柄は全体の6割強となっている。個別では、武田薬や東海カーボが3%超、ZOZOが8%超の上昇で前場を折り返した。同業シャイアーの買収が完了した武田薬は高レーティング付与の動きが相次いでいる。その他売買代金上位もソフトバンクG、任天堂、トヨタ自、ソニー、ファナックなど全般堅調。LINEと共同出資会社を設立すると発表したエムスリーは大きく買われた。また、今期の大幅増益見通しが好感されたネクステージはストップ高水準まで上昇している。一方、ソフトバンクが7日ぶりに反落。前日に米MSCIの株価指数組み入れが実施され、需給面の追い風が一服したとの見方が広がったようだ。SUMCOや日本電産も軟調で、ファーストリテは小安い。レーティング引き下げ観測の太陽誘電は5%超下落した。また、第3四半期決算がネガティブ視された4℃ HDなどが東証1部下落率上位に顔を出した。セクターでは、医薬品、水産・農林業、精密機器などが上昇率上位で、その他も全般堅調。下落したのは鉱業のみだった。米中協議の進展期待などを背景に、投資家心理の改善が続いている。欧米株高で海外投資家の資金流入も期待され、後場の日経平均は一段と戻りを試す場面が出てきそうだ。ただ、米中協議に関しては期待先行となっている点に注意する必要があるだろう。結果が伝わるとともに材料出尽くしと捉えられる可能性があり、特段の進展が見られなければ失望も大きいと考えられる。また、週後半には企業業績が改めて注目されるだろう。10日にはローソン、7&iHD、ユニファミマといった小売り大手に加え、日経平均寄与度の大きいファーストリテ、FA(工場自動化)関連として注目される安川電などの決算発表が控えている。新年相場入りによる需給改善で急ピッチのリバウンドを見せていたマザーズ指数も、25日移動平均線に迫りやや上値が重い。目先の利益を確定する売りが出やすい局面となっている。■ドル・円は小じっかり、米非常事態の回避で一時109円9日午前の東京市場でドル・円は小じっかり。米予算編成をめぐる非常事態が回避されたことによるドル買いに振れ、一時109円台を回復した。ドル・円は、日経平均株価や上海総合指数の堅調地合いを背景に円売り基調が続き、108円後半で下値の堅い値動き。その後、米国の国境の壁建設予算について与野党が合意に達する見通しとなり、非常事態回避の思惑からドル買いに振れた。ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いが続き、日本株高持続の観測から円売りが観測される。ただ、ドルは前日同様109円台で定着せず、上値の重さが目立つ。米中協議や連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨公表を控え、目先は様子見ムードが広がりやすい。ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円68銭から109円00銭、ユーロ・円は124円36銭から124円85銭、ユーロ・ドルは1.1437ドルから1.1465ドルで推移した。■後場のチェック銘柄・AKIBAホールディングスやAmidAホールディングスなど、11銘柄がストップ高※一時ストップ高・安(気配値)を含みます・値上がり寄与トップはソフトバンクG、同2位はテルモ■経済指標・要人発言【要人発言】・トランプ米大統領「国境の壁建設には57憶ドルが必要」「民主党の要求でコンクリートでなく鉄製の壁に合意」「政府機関閉鎖の解決のためには民主党が国境警備の費用を認めること」【経済指標】・日・11月毎月勤労統計・現金給与総額:前年比+2.0%(予想:+1.2%、10月:+1.5%)・豪・11月住宅建設許可件数:前月比-9.1%(予想:-0.3%、10月:-1.5%)<国内>特になし<海外>・16:00 独・11月貿易収支(予想:+186億ユーロ、10月:+189億ユーロ)・16:30 スイス・12月消費者物価指数(前年比予想:+0.8%、11月:+0.9%)

<HH>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2019年1月           
2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ