FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【これからの見通し】好悪材料錯綜、米中貿易戦争回避の期待と英メイ政権の危機

配信日時
2018年11月16日(金)15:45:00
掲載日時
2018年11月16日(金)15:55:00

【これからの見通し】好悪材料錯綜、米中貿易戦争回避の期待と英メイ政権の危機

 昨日の海外市場では好悪材料が鮮明に分かれていた。ロンドン・欧州市場ではラーブEU離脱担当相など複数の閣僚が辞任を表明し、前日の事務レベルでの離脱案合意のムードを暗転させた。議会では野党やDUPが反対姿勢を示している。さらに、保守党議員からも不信任書簡が続々と提出されてきている。メイ英首相にとっては危機的な状況となっている。ポンドは急落しており、現在も安値圏を離れない。欧州株もほぼ全面安。ポンド安を下支えにかろうじて英国株はプラス圏を維持した。

 一方、米国市場は米国と中国が通商協議を再開しており、貿易戦争回避への期待感が広がった。ダウ平均は208ドル高で引けている。ドル円相場は113円台前半から113円台後半へと再び上昇した。

 ただ、米株式市場引け後に発表された半導体大手NVIDIAの決算が弱かったことで時間外取引で同社株が急落した。日本株は半導体関連主導で下落。一方、上海株は堅調に取引されている。リスク動向は混とんとしている。

 この後の海外市場では、まず前日の急落を受けたポンド相場動向が注目されよう。週末を控えてポジション調整の買戻しが入りやすいが、まだメイ英首相の去就がはっきりしないだけに、関連報道に逐一神経質な反応をみせそうだ。

 経済指標発表は、ドイツ卸売物価指数(10月)、ユーロ圏消費者物価指数・確報値(10月)、米鉱工業生産(10月)、米設備稼働率(10月)、対米証券投資(9月)などが予定されている。米鉱工業生産は前月比+0.2%と5か月連続で上昇する見込み。講演・発言関連では、ドラギECB総裁、バイトマン独連銀総裁、エバンス・シカゴ連銀総裁などの講演が予定されている。ただ、銀行関連のイベントとなっており、金融政策や経済見通しに直接言及するのかどうかは不透明。  

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ