FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

英閣議巡ってポンド乱高下 リスク回避の円高も=NY為替後半

配信日時
2018年11月15日(木)05:59:00
掲載日時
2018年11月15日(木)06:09:00

 NY時間の終盤になって欧州通貨の買いが優勢となっている。きょうのNY為替市場は英EU離脱交渉に不透明が増し、円高の動きが強まった。きょうは英EU離脱協定に関してメイ政権が閣議を行ったが、予定時間になっても閣議が終了しなかったことから市場は不安感を強めた。

 英BBCの記者が、与党保守党の議員が明日不信任案の投票を要請する可能性があるとツイートしたこともありポンドが一時急落。しかし、その後に閣議が終了しメイ首相が閣僚の支持を得たと伝わると一気にポンドは買い戻されている。

 英政治リスクの高まりに米株も敏感に反応する格好で下落し、市場全体にリスク回避の雰囲気が強まった。米国債利回りも下げる中、ポンド円の下げが先導する格好で円高の動きが強まりドル円も見切売りを強めている。

 また、米株の下げについては北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新協定である米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)について、トランプ大統領が交渉をやり直さない限り、議会通過は絶望的な状況になっていることが嫌気されている模様。

 先日の中間選挙で下院の過半数を獲得した民主党が拒否の意向を強めている模様。法案の変更だけでなく、実行面での強化が必要としている。早速、ねじれ議会による圧力がトランプ政権へ圧し掛かっている。

 序盤のドル円は114円手前で膠着した値動きを続けていたが、米株が下げ幅を広げ、ポンド円も下落する中、見切り売りが加速し113.30円近辺まで一時下落した。

 一方、ポンド円は序盤は148円台を回復していたが、146.35円付近まで一気に下落。ただ、メイ首相の提案が閣議で了承されると、今度は一気に148円台まで戻す展開も見られた。

 ユーロドルはポンドに連れ安する場面も見られたものの1.13ドル台に上昇している。

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ