FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

反発、米大統領のけん制後もOPECは減産協議を継続=NY原油概況

配信日時
2018年11月15日(木)05:25:00
掲載日時
2018年11月15日(木)05:35:00

NY原油先物12月限(WTI)(終値)
1バレル=56.25(+0.56 +1.01%)

 ニューヨーク原油は反発。終値の前営業日比(速報値)は、期近2限月が0.56~0.60ドル高。その他の限月は0.43~0.62ドル高。

 前日の大幅安の反動で買い戻しが優勢となった。石油輸出国機構(OPEC)を中心とした産油国が最大で日量140万バレルの減産を協議していると伝わったことが手がかり。今週、サウジアラビアのファリハ・エネルギー相は日量100万バレルの減産を検討していると語っており、協議中の減産規模が拡大している。トランプ米大統領はOPECに対して減産しないようけん制したが、従う気はないようだ。

 時間外取引から12月限はじりじりと水準を切り上げ、通常取引に入ると57.37ドルまで上げ幅を拡大した。ただ、戻りが一服し、高値から1ドル超押し戻されて引けた。

minkabu PRESS編集部

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ