FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

続落、米在庫増加やサウジの緊迫感後退が重し=NY原油概況

配信日時
2018年10月19日(金)05:05:00
掲載日時
2018年10月19日(金)05:15:00

NY原油先物11月限(WTI)(終値)
1バレル=68.65(-1.10 -1.58%)

 ニューヨーク原油は続落。終値の前営業日比は、期近2限月が1.10~0.99ドル安。その他の限月は0.97~0.15ドル安。

 前日に米エネルギー情報局(EIA)が発表した週報で、原油や石油製品の在庫が増加傾向にあり、全体的に供給過剰となっていることが引き続き相場を圧迫した。トルコにおけるジャーナリスト失踪事件を巡って、サウジアラビアに対する風当たりは依然として強いものの、サウジと友好的なつながりを絶とうとする動きはみられず、サウジが主要国に原油を利用して攻撃するとの見方はしぼんでいる。トランプ米大統領は「テロやイラン問題などに対処するうえで、サウジは必要な存在」と述べている。

 時間外取引で12月限はじりじりと水準を切り下げ、通常取引序盤には68.55ドルまで下げ幅を拡大。その後、下げ幅をほぼ解消する場面はあったものの、上値は重く、引け近くには68.53ドルまで安値を塗り替えた。

(minkabu PRESS編集部)

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ