FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

欧米為替見通し:ドル・円は底堅い展開か、世界株安一服で買い戻し優勢[FISCO]

配信日時
2018年10月12日(金)17:25:00
掲載日時
2018年10月12日(金)17:35:00

12日の欧米外為市場では、ドル・円は底堅い展開を予想する。世界同時株安は一服する見通しとなり、リスク回避ムードの後退によりドル・円は買い戻しが入りそうだ。ただ、トランプ米大統領の利上げ批判などの発言で、ドルの戻りは緩慢になりそうだ。11日の海外市場は連日の大幅株安となったが、ドル・円は下値の堅さが目立った。本来ならリスク回避的な円買いが強まるため、大きく下げても不自然ではないが、111円83銭で下げ止まり、NY市場では大引けにかけて112円台に持ち直している。そうした流れを受け、本日のアジア市場では、日経平均株価や上海総合指数の反発を手がかりに円売りが優勢となり、ドル・円はじり高に推移した。市場関係者からは「通常のリスクオフとは異なる動きがみられる」との声が聞かれる。今晩も引き続き株価動向にらみの取引となりそうだ。米株式先物は現在プラス圏に振れており、目先の米株反発を期待した円売りやドルの買い戻しが見込まれる。トルコでテロ組織支援などに関与していたとされる米国人牧師が解放される見通しとなったことや、米中首脳会談実現の可能性、中国の為替操作認定国の指定見送りの観測など、市場センチメントは改善しつつあるようだ。ただ、トランプ大統領の利上げ批判やドル高けん制発言があったことで、ドルの戻りは限定的になりそうだ。(吉池 威)【今日の欧米市場の予定】・18:00 ユーロ圏・8月鉱工業生産(前月比予想:+0.5%、7月:-0.8%)・21:30 米・9月輸入物価指数(前月比予想:+0.2%、8月:-0.6%)・22:30 エバンス米シカゴ連銀総裁が討論会参加・23:00 米・10月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値(予想:100.5、9月:100.1)・01:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁が討論会参加・ブラジル休場(聖母の日)

<FA>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ