FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

日経平均は267円安でスタート、寄り付きを安値に下げ幅を縮小して推移[FISCO]

配信日時
2018年10月12日(金)09:41:12
掲載日時
2018年10月12日(金)09:51:12

[日経平均株価・TOPIX(表)]日経平均;22323.43;-267.43TOPIX;1689.50;-12.36[寄り付き概況] 本日の日経平均は大幅続落してスタートした。11日の米国市場ではNYダウが大幅続落し、545ドル安となった。前日からの急落を受けて市場の不安心理を映す「変動性指数(VIX)」が上昇しており、この日も引けにかけて下げ幅を拡大するなど不安定な展開が続いた。為替市場ではリスク回避の円買いに加え、米9月消費者物価指数(CPI)の予想下振れ、トランプ米大統領のドル高けん制発言もあって、円相場が一時1ドル=111.80円台まで上昇。本日の東京市場でもこうした流れを引き継いで売りが先行した。ただ、足元では為替の円高進行に一服感もあり、日経平均は寄り付きを安値に下げ幅を縮めている。また、値がさ株のソフトバンクGやファーストリテが反発していることも日経平均を支えている。売買代金上位では、ソニー、三菱UFJ、武田薬などが軟調で、東エレクやKDDIは小安い。ユニファミマは2%超下落している。一方、決算が好感されたファーストリテや、ファナック、トヨタ自、任天堂などは小じっかり。このところ下げがきつかったソフトバンクGだが、本日は2%前後の上昇。ドンキHDは6%超高と大幅に3日続伸している。セクター別では保険業、不動産業、鉱業などが下落率上位。反面、情報・通信業、サービス業、食料品などが上昇率上位となっている。

<US>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ