FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

株安・ユーロ高続く イタリアのユーロ脱退まで事態悪化の可能性は低い=NY為替チェック

配信日時
2018年10月12日(金)00:44:00
掲載日時
2018年10月12日(金)00:54:00

 ユーロドルは1.1560ドル付近、ユーロ円は129.70円付近で推移している。株式市場が混乱する中、為替市場はドル売りが優勢となっておりユーロドルを押し上げている。この日発表の米消費者物価指数(CPI)が予想を下回ったことから一時1.16ドルちょうど付近まで上昇する場面も見られたが、1.16ドル台に乗せることなく伸び悩んでいる。こちらも株式次第といった雰囲気ではある。

 ユーロに関しては目下、イタリアの財政問題が注目となっている。イタリアが財政赤字目標を向こう数年間にわたって引き下げたことで、市場はイタリアとEUの衝突がエスカレートしてくるのではとの懸念が出ている。なかには、イタリアはいずれユーロを脱退するとの指摘も出ているようだ。

 しかし、ユーロ脱退まで事態が悪化する可能性は低いとの指摘も出ている。例えばイタリアの予算計画では最低所得保障は消費を拡大させ、リタイア年齢の引き下げは逆に若年層の雇用を押し上げ失業率を低下させる効果が期待できるとしている。

 今回の予算案は景気拡大に着目したもので、事態は悪化しないとの見方もあるようだ。

EUR/USD 1.1565 EUR/JPY 129.83 EUR/GBP 0.8765

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ