FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

日経平均は大幅に4日続落、連休中の米ハイテク株安や中国株急落で[FISCO]

配信日時
2018年10月9日(火)15:39:22
掲載日時
2018年10月9日(火)15:49:22

日経平均は大幅に4日続落。日本の3連休中に米国では9月雇用統計を受けて長期金利が上昇し、ハイテク株を中心に軟調な展開となった。また大型連休明けの中国では上海総合指数が急落し、為替市場でもリスク回避の動きから円相場が一時1ドル=112円台まで上昇。本日の日経平均はこうした流れを嫌気して233円安からスタートした。東京証券取引所の一部でシステム障害が発生したことも買いを手控える要因となり、日経平均は引けにかけて23442.46円(前週末比341.26円安)まで下落する場面があった。大引けの日経平均は前週末比314.33円安の23469.39円となった。東証1部の売買高は15億6850万株、売買代金は3兆0380億円だった。業種別では、電気機器、輸送用機器、鉱業、ガラス・土石製品、金属製品が下落率上位だった。一方、上昇したのは不動産業のみだった。個別では、トヨタ自、任天堂、ソフトバンクG、三菱UFJ、三井住友など売買代金上位は全般軟調。キーエンスは5%超、東エレクは4%超の下落となり、ハイテク株や半導体関連株の下げが目立った。SUMCOは9%近く下落した。ゆうちょ銀行が一部住宅ローンの仲介を停止すると伝わったスルガ銀、業績観測が報じられた久光薬も急落。また、決算発表のアルテックなどが東証1部下落率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではファーストリテ、日本郵政、三菱商事が逆行高。ユニファミマは今上期の業績修正を好感した買いが続き、4%高と大幅続伸した。また、多木化学が連日で買い気配のままストップ高比例配分となり、好決算のシステムインテなども東証1部上昇率上位に顔を出した。

<HK>

ニュース提供:FISCO

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ