FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

とれんど捕物帳 米経済の線香花火は散り菊にはまだ程遠い

配信日時
2018年10月6日(土)08:45:00
掲載日時
2018年10月6日(土)08:55:00

 今週のドル円は一時114円台半ばまで上昇したものの、その後伸び悩む展開となった。週前半に買いが優勢となり、その後上げが一服している。上げを一服させた主因は米国債利回りの急上昇とイールドカーブのスティープ化、そして、それに伴う米株の調整といったところであろう。米10年債利回りは3.23%まで一時急上昇した。米10年債に関しては3.25%辺りが一つポイントとなっているようだ。

 現在の相場の方程式では米10年債利回りの上昇はドル円にとってはポジティブな材料ではあるが、市場全体に警戒感が高まりリスク回避の雰囲気がドル円を下押しした模様。もっともドル円自体もこのところの上昇で過熱感が高まっていたことから、調整が出やすかった局面ではあった。水曜日に発表になったISM指数とADP雇用統計がやけに強かったことや、原油が77ドル近くまで急激に上昇したことでインフレへの警戒感を急速に強めたようだ。

 その意味でも週末の米雇用統計が注目されたが、平均時給は前年比で2.8%と予想範囲内、非農業部門雇用者数(NFP)の伸びも13.4万人と予想を下回った。ただ、前回、前々回分が大幅な上方修正となっていた。失業率は3.7%まで低下。インフレ期待を強める内容とは思われないものの、米雇用統計を受けて米国債利回りが上昇し、長期金利上昇への警戒感が株式市場の利益確定売りを誘う展開となった。

 実際、この先どうなるのであろか。米失業率は過去最低水準にあり、ほぼ完全雇用の状態と言えよう。過去の失業率のチャートを見ると近年では、下げのピークをつけているのが、リーマンショック前の2006年後半から2007年前半と、2000年前後のITバブル時だ。リーマンショック前は4.5%、ITバブル時が4.0%がピークの目安だったが、概ねその水準での推移が9ヵ月から1年は続いている。今回は4%が目安と思われるが、その付近での推移はまだ半年間だ。上記の米雇用統計の平均時給の伸びも前年比3%未満で推移しており、賃金インフレを過度に懸念する水準でもない。リーマンショック前は3.6%まで上昇していた。 米経済はまだ、ピーク前のほどよい状態にあるものと思われ、市場も適温相場が年末にかけてもう少し続くものと思われる。

 インフレなき景気拡大という米経済の線香花火は、最後の散り菊にはまだ程遠い状態と考えている。ただ、確実に接近していることは間違いないのであろうが。

 さて来週だが、ドル円は年末にかけて更なる上値を目指すにはどうしても越えなければならない壁がある。115円の心理的節目だ。来週は試しに行くか注目されるが、1回は付けに行く動きを期待したい。ただ、さすがに上値抵抗も強そうなことから、115円台を固められるかは未知数。ただ、底堅い展開は続くものと期待する。レンジとしては113.00~115.50円を想定。スタンスは「やや強気」を継続。

()は前週
◆ドル円(USD/JPY) 
中期 上げトレンド継続
短期 ↑↑↑(↑↑↑)

◆ユーロ円(EUR/JPY)
中期 上げトレンド継続
短期 ↑↑(↑↑↑)

◆ポンド円(GBP/JPY)
中期 上げトレンド継続
短期 ↑(↑↑↑)

◆豪ドル円(AUD/JPY)
中期 中立継続
短期 ↑↑(↑↑↑)

◆ユーロドル(EUR/USD)
中期 上から中立へトレンド変化
短期 ↓↓(→)

◆ポンドドル(GBP/USD)
中期 上げトレンド継続
短期 ↓↓(↑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
来週はお休みします。次回の配信は10月20日(土)の午前を予定しています。ご了承ください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

minkabu PRESS編集部 野沢卓美

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ