FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

続伸、米国の制裁によるイランの減産見通しで=NY原油概況

配信日時
2018年9月26日(水)05:14:00
掲載日時
2018年9月26日(水)05:24:00

NY原油先物11月限(WTI)(終値)
1バレル=72.28(+0.20 +0.28%)

 ニューヨーク原油は続伸。終値の前営業日比は、期近2限月が0.20~0.34ドル高。その他の限月は0.40~0.47ドル高。

 米国の制裁によってイランの生産量がさらに減少していく見通しであることが相場を押し上げた。石油取引を含めた対イラン制裁の第2段は11月から始まる。ただ、国連総会で演説したトランプ米大統領が石油輸出国機構(OPEC)に引き続き増産を求めたことが上値を抑えた。

 時間外取引で11月限は買いが優勢だったが、前日高値である72.74ドルの手前で足踏みした。通常取引開始後は72.78ドルまで買いが強まったものの、押し戻されるとマイナス転換し、71.89ドルまで弱含む場面があった。ただ、プラス圏に切り返して引けた。

(minkabu PRESS編集部)

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月  
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ