FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

みんかぶFXとの統合のお知らせ

平素はKlugFXをご利用いただきありがとうございます。KlugFXは12月8日をもって、みんかぶFX(https://fx.minkabu.jp/)と統合いたします。KlugFXをご利用いただいているユーザーの皆様には、みんかぶFXをご利用くださいますようお願い申し上げます。

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

【これからの見通し】ドル円は113円台に向けた動き、日米通商協議を消化できるか

配信日時
2018年9月25日(火)15:45:00
掲載日時
2018年9月25日(火)15:55:00

【これからの見通し】ドル円は113円台に向けた動き、日米通商協議を消化できるか

 米債利回りの上昇とともにドル円は少しずつ水準を上げるパターンが続いている。足元では112円台後半で、113円台乗せをうかがう水準となっている。ただ、株高などリスク選好の動きで、クロス円サイドからの円安圧力がともなわないようだと113円台乗せは一時的にとどまる可能性があろう。

 ポイントとしては、米中貿易戦争のインパクトが短期的にとどまるといった楽観ムードが広がってくるのかどうか。また、今日から始まる日米通商協議では米国側が2国間協定への圧力を強めてくるとみられている。日本側がこれをうまくかわすことができるかどうか。自動車関税を回避できるかどうか。米国の対外貿易赤字は中国が圧倒的だが、それに次いでメキシコ、日本が主要相手国となっている。中間選挙に向けた強い米国のアピールとして日本製品がやり玉にあげられなければよいのだが。国連総会でのトランプ米大統領演説はどうか。

 米国では、S&Pケースシラー住宅価格指数(7月)、FHFA住宅価格指数(7月)、コンファレンスボード消費者信頼感指数(9月)などの経済指標が発表される。米2年変動利付債入札(170億ドル)と米5年債入札(380億ドル)が実施される。企業決算発表は米株式市場の取引終了後にナイキが予定されている。

 このあとのロンドン・欧州市場では、目立った経済指標の発表は予定されていない。イタリア予算や英労働党のEU離脱に関する動向について報じられる可能性があろう。昨日はドラギECB総裁の強めのインフレ見通しがユーロ買いにつながる場面があった。きょうは、クーレ理事とプラート理事の講演が予定されている。英国ではブリハ英中銀委員の講演が予定されている。

minkabu PRESS編集部 松木秀明

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ