FX外国為替情報のKlug(クルーク)
為替、海外投資でハイリターンを得るためのニュース、レポート、コラムを掲載

NY時間に伝わった発言・ニュース

配信日時
2018年9月15日(土)06:15:00
掲載日時
2018年9月15日(土)06:25:00

NY時間に伝わった発言・ニュース

※経済指標
【米国】
輸入物価指数(8月)21:30
結果 -0.6%
予想 -0.2% 前回 -0.1%(0.0%から修正)(前月比)
結果 3.7%
予想 4.1% 前回 4.9%(4.8%から修正)(前年比)

小売売上高(8月)21:30
結果 0.1%
予想 0.4% 前回 0.7%(0.5%から修正)(前月比)
結果 0.3%
予想 0.5% 前回 0.9%(0.6%から修正)(自動車除くコア・前月比)

鉱工業生産(8月)22:15
結果 0.4%
予想 0.3% 前回 0.4%(0.1%から修正)(前月比)

設備稼働率(8月)22:15
結果 78.1%
予想 78.2% 前回 77.9%(78.1%から修正)(前月比)

企業在庫(8月)23:00
結果 0.6%
予想 0.6% 前回 0.1%(前月比)

ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(9月)23:00
結果 100.8
予想 96.6 前回 96.2

※発言・イベント
【米国】
*エバンス・シカゴ連銀総裁
今こそ伝統的な金融政策に戻るときだ。
FRBの金利見通しは労働見通しの前提状況のもとできわめて正常なもの。
見通しへのリスクはバランス、ファンダメンタルズは堅固。
今後数年間でインフレはやや上昇する見込み。
ドット・プロットは2019年、2020年の緩やかな引き締めを示す。
2018年のGDP成長は3%に。
インフレの上昇は2%目標に達成するには至っていない。

*カプラン・ダラス連銀総裁
ハリケーンは成長に影響も、一過性のもの
14日の小売売上は弱かったが、依然として個人消費は非常に強い
現状で完全雇用もしくはそれを超えるもの。
インフレは上昇も制御を超えることはない。
FF金利は中立に向かうまで漸進的に動かす

*サンフランシスコ連銀
上席副総裁のメアリー・デーリー氏を10月1日付で総裁に指名。
同氏は労働経済の専門家、SF連銀の経済調査部門のディレクターも務めている。

過去記事カレンダー

2018年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月 
2017年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年 2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

メールマガジン

山岡和雅が毎日発行!
外国為替ディーラーの心の中

毎日の為替相場を、市場参加者の目を通して判り易く解説。為替ディーラーの本音は?【まぐまぐ殿堂入り】

バックナンバー

朝刊 ニューヨーク為替市場レポート
米国市場の動きを、朝一番に配信!! FX、外国為替、米国株、米国金利など、テレビやWEBサイトでは得られないニューヨーク金融市場情報のほか、アナリストの独自解説も配信します。

バックナンバー

powered byまぐまぐトップページへ